TASUKUエンジニアリング

管理人tasukuによるCB400SB(NC39)、グロム(JC75)、プジョー 308 GT Line、マツダ・ロードスター(NB6C)等に関する趣味のブログです。

グロム(JC75) インプレッション

ども。

今日は突如購入したホンダ・グロム(JC75)のインプレッションをしてみようかと思います。

DSC_5467

基本情報
車名:ホンダ・グロム(GROM)
型式:2BJ-JC75
年式:2017年
エンジン型式:JC75E
エンジン種類:空冷4ストロークOHC単気筒
エンジン総排気量:124cc
実燃費:60km / リッター

どんなモデル?
ホンダ・グロムは2013年に登場。生産はタイで、日本以外ではMSX125という車名で販売。全世界に輸出販売されるグローバルスポーツモデルで、カスタムバイクの一つとして有名である。
2013年〜2016年までがJC61型、2017年以降がJC75型となっている。車体形状は、2013年〜2015年はヘッドライトが丸目、2016年以降はヘッドライトが四角目(ガンダムみたい)である。型式変更に対して、車体形状の変更時期が1年ずれているので、カスタムする際は適合に注意したい。
余談だが、レースベース車も販売されている。レースベース車の部品もノーマル車に流用できるのが魅力的。(かと言って、レース用マフラーで公道を走るのはやめよう!)

とりあえず外観
ワタシのグロムはJC75型で、ヘッドライトが四角目、車体全体がカクカクっとしたデザインでクセの強そうなデザイン。対して前期モデルのJC61型は、ヘッドライトが丸目で、アップマフラーが特徴的なデザイン。全く趣向が異なるので、好き嫌いがはっきり分かれるデザインではある。どっちを選ぶかは完全に好みだが、カスタムパーツの豊富さで選ぶとするならば、JC61型をおすすめしたい。
というのも、2018年現在、JC75型は発売してから間もないため、適合パーツが少ないからである。おまけに世間では、新型モンキーやスーパーカブC125が大流行。グロムブームは落ち着いた感があり、新パーツのリリースは期待薄。そうなると、販売年数の長いJC61型の方がカスタムの幅は広めである。
とはいえ、JC75型もそれなりにカスタムパーツは販売されており、一部JC61型の部品も流用できる。工夫次第でなんとでもなるので、これといって致命的な問題にはならないと思う。

エンジン、ミッション、マフラーなど
エンジンは、タイで走っているホンダ・ウェーブというバイク(スクーターとカブが合体したようなバイク)のエンジンを流用。4速MT、ダウンマフラーの組み合わせ。
エンジンはクセがなくブーンと回っていき、かったるい感じは特に無し。ボアアップキット、ハイカム、ハイコンプピストンと、目をギラギラさせる社外部品がいろいろそろっている。
4速MTと聞くと、ちと物足りない感じがするが、走ってみると悪くない。社外キットで、クロスミッションや5速化などできるので、好みで変えていくのもよかろう。
ノーマルのダウンマフラーは重いので速攻買い換えたい部分である。とりあえずビールてな感じで、とりあえずマフラーの交換をおすすめしたい。

足回り、乗り心地など
一言でいえば、である。
すぐ尻が痛くなるシート、貧相なリアショック、ダサいリアフェンダー、硬いタイヤと四重苦。
シートはひどいというより拷問レベルで、ちょっと乗っただけでも尻が痛くなり、翌日足腰にもダメージを負っている有様。貧相なショックと一緒に早急に交換が必須な箇所である。
リアフェンダーも凄まじくダサい。意外と重いらしいので、フェンダーレスキットを装着し、見た目スッキリ、ついで軽量化としたい。タイヤもノーマルタイヤをさっさと使いきって、ハイグリップタイヤを履きたい。

峠ってどうよ?
ノーマルでも最高に面白い。狭くて、コーナーが多くて、直線が少ないようなところが好み。走りながら、「次はこういうパーツをつけたい」などと、考えるのが楽しい。
あえて欠点をいうならば、欲しいパーツを購入する財力が少ないことか。これは完全に個人の問題であった、失礼。

ぶっちゃけZ125PROと比べてどうよ?
このグロムの対抗馬として有名なのが、カワサキ・Z125PRO。乗ったことがないので、何とも言えないのだが、性能に大きな差はないと思われる。個人的にメーターはアナログ派なので、Z125PROのメーター周りは好みではある。ただ、カスタムパーツが豊富なのは、圧倒的にグロム。あれこれパーツ選びを楽しみたいのであれば、グロムをおすすめしたい。

総合
ノーマル車でもそこそこ走れるが、改善点は多い。そこをちょこちょこ変えて改善していくのがこのバイクの面白いところ。したがって、最初から完璧を求めている人にはおすすめはできない。
余談だが、グロムをセカンドで購入したつもりが、メインで乗っている人もちらほらいるらしい。手軽に乗れて近所の峠をちょろっと走って帰宅。そんなちょい乗りの午前ライダー派にもおすすめできる。いろんな楽しみ方ができるのが、このバイクの良いところだろう。じっくり楽しみたい。

バイク遍歴

ども。管理人のtasukuです。

今日は、過去所有していたバイクについて、紹介したいと思います。
変更がある度に、ちょこちょこ改訂していこうかと思います。


YAMAHA TZR50R 1995年式
所有期間 2005年〜2006年
TZR50R-1
初バイクはこのTZR50R。当時は大学生で、約1年間ほど所有。原付なのにレーサーレプリカのようなカラーリングとデザインでとても派手。しかも、リミッターカットで時速90kmオーバーという恐るべき原付である。納車したての頃は、昼も夜も雨の日もTZR50Rで走りまわり、単位を落としかけたことや、夜間に走行して職務質問されたこともあり、何かと話題に欠かせないバイクであった。2サイクルエンジンゆえに白煙がものすごく、ワタシが走り去っていく光景が、仲間から「ホワイトアウト」と呼ばれていたのが今となっては懐かしい(笑)


YAMAHA FZ400 1997年式
所有期間 2006年〜2008年
BlogPaint
TZR50Rを購入して1年後、もっと大きい排気量のバイクが欲しくなる。そんなわけで、普通二輪免許を取得し、FZ400を購入。本格的にツーリングに行くようになる。
マイナー車だが、とても速く、ハーフカウルがついていたのでツーリングに使える傑作バイクであった。
バイクの重心が高いせいか、はたまたワタシが未熟なせいか、立ちゴケが多く、クランクケースが傷だらけ。とはいえ、思い出の深いバイクであるため、機会があればまた所有したいバイクである。


KAWASAKI SUPER SHERPA 2002年式
所有期間 2008年
スーパーシェルパ2
いつのまにか大学を卒業し、社会人に。FZ400と通勤を共にしていたが、突然調子が悪くなり、手放すことに。
当時はオフロードに興味があったため、通勤用もかねてこのバイクを選択。(セローと悩んだ)
エンジンパワーがそこそこある傑作バイクだが、雨の日に突然エンジンがストールしたり、始動性が最悪だったりとイマイチなトコがあったことも事実。結局、所有期間は1年のみ。クルマ(ロードスター)を購入するまでの'つなぎ'のような感じになってしまったのは残念ではある。


HONDA VTR1000F 1997年式(国内仕様)
所有期間 2009年〜2010年
IMGP0871
しばらくの間、バイクに乗らず、クルマ(ロードスター)に乗っている日々が続いていた。しかし、バイクに乗らない日々が続くとまた乗りたくなってしまう・・・。またバイクに乗るなら、今度は大型バイクだと思い、大型二輪免許を取得。
何を買おうかと思っていたところ、国道1号線で見かけたVTR1000Fの2本出しマフラーにあこがれるようになり、購入を決意。まあ正直なところ、中古が安かったという理由が本音である(^^;)
久々のロードスポーツバイク、強大なパワー、戦闘的なフォルムなど魅力にあふれたバイクであったが、航続距離が非常に短く(たったの200km)、ポジションがきつい(肩が痛くなる)など、ツーリング性能がいま一つであった。また、1000ccのパワーは容易に扱えるものではないことがよく分かったバイクでもある。車検切れのタイミングで売却し、身の丈にあったバイク、CB400SB(NC39)へ乗り換えをすることに。


HONDA  XR230モタード  2008年式
所有期間 2016年〜2017年
DSC_2393
このバイクは、実家(静岡)用で購入。将来的にオフロードも走れるよう、あえてこの車種を選択。性能が控えめな分、乗りやすかったバイクではあるが、購入して1年後に売却。非常に短い運命でした(^^;)


HONDA Dio110 2014年式

所有期間 2014年〜2018年
DSC_1255
2014年2月にロードスターを手放した後の丸5年間、通勤や買い物で活躍をしたゲタバイクである。2016年12月にプジョー308を購入後、突然活躍の場が狭まり、駐輪場で昼寝をしていることが多くなる。2019年2月には自賠責切れの為、ちょいと早いタイミングで売却。総走行距離は6800km。少なすぎ。


こう見ると、いろいろ乗っていたんだなぁと思い返します。
それではまた。

中部「道の駅」スタンプブック 愛知県制覇

ども。

今年はとっても暑いですね。先日、熱中症で救急車一歩手前までいきました(^^;)

早速ですが、道の駅スタンプ 愛知県を制覇しました!
そんなわけで、おススメの道の駅を紹介したいと思います。

おススメ1
どんぐりの里いなぶ
豊田市の山奥、稲武地区にある道の駅。休日はオートバイで集まり、賑わっています。日帰り温泉がありますが、風呂の種類が多く、広々としており良いです。林檎の香りがする風呂が個人的に好み。
DSC_1737A
どんぐりの里いなぶ 駐輪場

おススメ2
伊良湖クリスタルポルト
渥美半島の先端にポツンある道の駅でアクセスは今一つ。のんびりした所で、どこか懐かしさのあるフェリーが運航されてます。個人的に125ccで、のんびり渥美半島を走ってみたいですね。
DSC_5165
伊勢湾フェリー

おススメ3
アグリステーションなぐら
茶臼山高原道路の入口にある道の駅です。見た目は普通の道の駅ですが、和食のモーニングがおススメです。特にトマトジュースが絶品。季節によっては、モーニングをやっていない時期もあるので、食べたい方は要チェック!
DSC_4787
アグリステーションなぐらのモーニング

それではまた。またガンガンスタンプを押していこうと思います。
続きを読む
管理人プロフィール

tasuku

1986年生まれ。静岡県出身の愛知県在中。
職業はノーマル会社員。いまだにTSUTAYA会員。
主にオートバイ&クルマについてのブログを書いてます。密かに海外ツーリングを検討中。

リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
  • ライブドアブログ