TASUKUエンジニアリング

管理人tasukuによるCB400SB(NC39)、プジョー 308 GT Line、マツダ・ロードスター(NB6C)等に関する趣味のブログです。

プジョー 308 GT Line インプレッション その1

まいどどうも。

プジョー 308購入から早8ヵ月。4500kmほど走行しました。
街乗り・峠・高速等、いろいろ走ってきたので、そろそろインプレッションをしてみようかと思います。

インプレッションは、2つに分けて記事にしていきます。
今回は主に、走行に関してのインプレッションです。

DSC_3423_1DSC_3384_1

基本情報
車名:プジョー 308
型式:−
グレード:GT Line
年式:2016年
エンジン型式:−(PSA ピュアテック)
エンジン種類:水冷直列3気筒DOHCターボチャージャー付
エンジン総排気量:1199cc
実燃費:8〜15km / リッター

どんなモデル?
プジョー 308は2007年に登場。308の初代(T7型)は2007年〜2012年、2代目(T9型)は2013年〜現行となっています。ちなみに308は307の後継車という位置付けですが、308以降は、フルモデルチェンジをしても、数字は増えない決まりになったようです。(まぎらわしいですね ^^;)
なお、308のグレードは、ガソリン車のハッチバック車及びステーションワゴン車に、アリュール及びGT Lineの2種類ずつ。ディーゼル車のハッチバック車及びステーションワゴン車に、アリュール及びGTの2種類ずつ。GTiというスポーツグレードに2種類と、バリエーションが豊富です。
ワタシが購入したグレードは、ハッチバック車(ガソリン車) のGT Line。基本グレードのアリュールを、スポーティーにしたグレードです。

とりあえず外観
初代308は、ヘッドライトがつり目で個性的な外観でしたが、2代目(現行)はやや落ち着いた感じに。もろVW・ゴルフを意識してますね。
ワタシの気に入っている個所は、この独特なヘッドライト。ライト上部に小さいLEDが何個もちりばめられています。メーカーいわく、「まるで宝石が埋め込まれているようなヘッドライトユニット」っと言われているようになかなか凝った作りです。デイライトのため、エンジンがかかっている間は、日中、夜関係なく点灯しており、なかなか目立ちますね。308を周囲に猛アピールしているので、なかなかお気に入りではあります。

エンジン、ミッション、足回りなど
現行の308(ガソリン車)に搭載されるエンジンは、1199ccの水冷直列3気筒DOHC(ターボチャージャー付) ミッションは、アイシンAW製のEAT6(6速AT)

DSC_3418DSC_3506

ライバル車のVW・ゴルフ(と思われる)が、4気筒エンジンに7速AT(DCT)に対し、308は3気筒エンジンに6速AT(トルコン)。いまひとつ308が地味に感じてしまいます。
ですが、走ってみると、全く問題ない。アイシンAW製の出来の良いミッションで、なめらかに発進、変速もスムーズ。いざとなればパドルスイッチで任意にシフト操作ができ、レスポンスもまあまあ。
エンジンもじゅうぶんな力があり、癖がなく、扱いやすいです。3気筒ぽいガラガラサウンドがちょっぴり聞こえますが、特に不快ではありません。

足回りは、プジョーが最も得意とする分野。俗にいう「猫足」ですが、柔らかい乗り心地と安定性を高次元で両立しており、峠や高速道路を走った時に間違いなく実感できます。デカい図体の308ですが、鼻先が軽く、軽やかな走りを楽しめます。高速道路ではどっしりと安定した走りで、いざとなればエンジンをガンガン回して、パワフルに走れます。「3気筒なめんな!」といった感じです(笑)

GT Lineのタイヤサイズは、225/40-18。ホイールデカいです。タイヤ薄いです。このえげつない感じが良いです。タイヤ銘柄は、ミシュラン・パイロットスポーツ3。

なお、燃費についてですが、車重が1.5トンもあるせいか、いまひとつ。燃費を気にするならば、ディーゼル車がおススメかもしれません。ワタシは燃費目的で買ったわけではないので、この辺は無問題。


「スポーツモード(ダイナミックモード)」について

DSC_3442
普段はこちらのように、「ノーマルモード」になってます。
「ノーマルモード」は、街乗りに適しており、アクセルを急激に踏み込んでも急加速しないように、ややだるめなアクセルレスポンスです。電動パワステは非常に軽く、軽い力でかろやかに走行できます。
なお、スピードメーターの表示をよく見てみると、奇数ごとに表示されています。。これには理由があり、フランスでは奇数ごとに速度規制をしているからです。(30km、50km、130km等) 日本は奇数、偶数関係無しですね。

DSC_3441
対して、「スポーツモード(ダイナミックモード)」は、本気モード。メーターが真っ赤になり、アクセルレスポンスが機敏になります。深く踏み込むと、なかなかシフトアップしません(笑) ハンドルが重くなり、スピードを出しても安定感のある走りです。スピーカーからスポーティーなエンジン音が流れ、気分は最高です!

余談ですが、エンジン回転計が逆回りになっています。これには以下のような理由で・・・、
308はハンドルの上部からメーターパネルを見る構造になっています。この構造だと、エンジン回転計が8時の位置から始まる場合、ハンドル上部に隠れてしまいます。これを回避する為に、16時の位置から針が始まるようになっているそうです。(ディーラーの営業マン談)

この辺はプジョー独特のセンスを感じます。面白いです。輸入車の魅力ですね。

それではまた。次回はエクステリアを中心にインプレッションをしていく予定です。

下伊那郡ツーリング

ども。お久しぶりです。

ついに春。オートバイのシーズンです!

ちょうど桜の季節のため、山を走りまくりました(′∀`)

主なルートはこんなで↓
茶臼山高原道路→国道151号遠州街道→三遠南信道(天竜峡IC→飯田山本IC)→国道153号三州街道

下伊那郡をぐるーっと巡るルートです。この辺は既に長野県。愛知県に非常に近く、道も快適で、ツーリングにはもってこいのルートです。

とりあえず、最初は毎度おなじみ、茶臼山高原で休憩。ちょこっとですが、雪が残ってました。

DSC_3672


そのまま茶臼山を下り、下伊那郡をぐるーっと巡ってきました。天候が良く、気温も快適、道もすいており、桜もそこそこ咲いており、良いツーリングでした。最後は矢作ダムで桜と撮影。他にも桜が咲いているスポットがありましたが、先客でいっぱいの為、なかなか撮れず(^^;)  ちょいと寂しい写真になっちゃいましたね。

DSC_3676


それではまた。

西伊豆スカイライン(308vs.デミオ)

ども。春らしくなってきました!

さて、この3連休、地元に戻り、西伊豆スカイラインをクルマで走ってきました。

ただ走るだけでは面白くない。地元の友人(デミオ)を誘って、走ってきました。

そんな308vs.デミオについて、勝手なインプレッションをしたいと思います。308とデミオで悩んでいる方は、参考にしてみてください(そんな人はまずいない)

簡単なカタログスペック

プジョー 308 (ガソリンエンジン仕様)
エンジン種類:水冷直列3気筒DOHCターボチャージャー付
エンジン総排気量:1199cc
トランスミッション:アイシンAW製 EAT6(6速AT)
駆動方式:FF

マツダ デミオ (ディーゼルエンジン仕様)
エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
エンジン総排気量:1498cc
トランスミッション:6EC-AT(6速AT)
駆動方式 :4WD(AWD)

DSC_3569

乗り比べた結果、少なくても西伊豆スカイラインにおいては、デミオの方が速いです(笑)
坂が多く、道幅が狭く、コーナーの多い西伊豆スカイラインは、デミオに搭載されたディーゼルエンジンによるトルクのある走り、抑えられた車幅と車重、レスポンスの良いトランスミッション、4WDによる安定感により、くるくる回って、イカれた走りが可能です(笑) ここまですごいとは、マツダは凄いメーカーです。

対して308の方ですが、悪くはありません。自慢の猫足により、スムーズで安定感のある走りです。ただ、車重が重いのと、車幅が難点。大きい図体が、西伊豆スカイラインにはちょい厳しかったですね(^^;)

総評として、峠はデミオの方が、走りやすく、小気味良い走りができます。
高速道路は、308の方が、安定感のあるハイスピードな走りができます。

どちらも甲乙つけがたい。クルマ選びは散々悩みましょう(笑)
今回の走行は非常に楽しかったです。これからもいろいろなクルマに乗りたいですね!

それではまた。

DSC_3584←三津から見た夕日

管理人プロフィール
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
  • ライブドアブログ