TASUKUエンジニアリング

管理人tasukuによるCB400SB(NC39)、プジョー 308 GT Line、マツダ・ロードスター(NB6C)等に関する趣味のブログです。

石廊崎

どうも。世間様はシルバーウィークだそうで、管理人もなんとなく南伊豆へツーリングに行くことにしました。今日は、伊豆最南端の石廊崎までツーリングへ。

さて、石廊崎の駐車場にバイクを駐車。とりあえず、売店でジュースを購入。売店がものすごい、昭和な雰囲気を出していたので、思わず撮影してしまいます。ついでに、遊覧船もあるのですが、本日は台風の影響で欠航でした。実に残念。
IMGP0376

さて、とりあえず本日の目標、灯台の撮影に向かいます。なんと、10分ほど歩かないといけないことが判明。山登りは得意ではないのですが、なんとか登りきり、灯台に到着です。しかし、この灯台、ガイドブックに載っているものと違うような・・・。いや、厳密にいえば同じなんですが、なんかこう、自分的には大きくそびえたつ塔のようなものを想像していたので、ちょい騙された気分ですね(笑)
IMGP0387

さて、伊豆最南端に到着です。しかし、風が強すぎます。ハリケーン並です。小笠原諸島に台風がきているから当たり前ですね。とりあえず、絵馬を祀る境内に身を隠しながら撮影。風はすごかったが、景色は良かったです。晴れていれば、伊豆諸島も見られたのですが。まあ次に期待するとしましょう。
IMGP0384IMGP0379

それではまた。

県道17号 沼津土肥線

ども、久々?です。

今日は、雲が覆い、イマイチな天気。しかし、カッパを積めば大丈夫(たぶん) とりあえず、今日は西海岸沿いを爆走することにしました。

ルートは、西伊豆の県道17号線を南下するルート。地名で言うと、三津・淡島→江梨→井田→戸田→土肥 ですね。

海岸沿いの県道17号線の全線を、ツーリングルートとして使う人は割と少ないですが、海の眺めは良く、岬も多くあり、面白いです。

最初は井田(いた)にある「煌めきの丘」。周囲には自動販売機も何もないですが、季節によっては地元のおばあさんがみかんを売っています。海の眺めはなかなか。下におりていく通路もあるので散策もできる(らしい) 人は非常に少ないので、結構寂しいですね。
IMGP02342 煌めきの丘

次に「出逢い岬」。ここからの海も結構綺麗です。戸田方面がよく見えます。トイレと自動販売機が併設されてます。
IMGP0240

出逢い岬からわずか数百メートルの位置にある「夕映えの丘」。あまりにも出逢い岬と近すぎて、訪れる人が少ないという不遇な扱いを受けています(笑)
IMGP0242

戸田を抜けて南下すると、「碧(みどり)の丘」があります。ここも特に何も無いですが、山々の景色はなかなか。
IMGP0287

最後は、県道17号線メインスポット?である「旅人岬」です。海水浴場が近くにあるので、夏はそこそこにぎわっています。旅人岬と言えば、右の写真の変なモニュメント。このまま南下すると、国道136号線と合流し、土肥に到着します。
IMGP0284IMGP0285

県道17号線は、道が悪く、狭い部分が多いです。しかし、西海岸から見る海はなかなか景色が良いです。大型バイクよりも、250ccのオフ車かモタードのような小柄なマシンのほうが、楽しめるかもしれません。

ではまた。

浜名湖一周ツーリング

ども。今日は浜名湖に行ってきました。久々に連休をもらったので、ちょっと遠くまでっと思ったわけです。

んで、沼津IC→三ケ日ICまで高速道路を使っていったわけですが、ワタシのバイクにはETCというハイカラなものはついていないので、正規の値段で行きました。片道2950円。(片道距離150キロ) 正直、高すぎる、アホなことをしてしまったなぁと少し思いました。

沼津ICを出発して2時間後、三ケ日ICに到着。さっそく、浜名湖を半時計周りで走行です。渋滞はまるでなく、快適な走行を楽しめました。人のことは言えないが、(浜名湖周辺ってえらい田舎やなぁ)と、思ってしまいました。 (地元人スマソ)
IMGP0256

南下してしばらくすると、弁天島という場所に到着しました。
IMGP0259

弁天島から北上。途中、浜名湖の潮干狩りを見物&撮影。そして、程よいワインディングを楽しみます。
IMGP0264

さてしばらく走ると、ホンダの工場を発見。門の前で撮影を開始しようとすると。1秒後に守衛のおじさんが出てきました。怒られると思いきや、「撮ってやるよ」の一言。さすが、ホンダさん。いい仕事してますね!ちなみに、ワタシと同じように、ホンダの工場前で撮影する人が結構多いみたいです。

1230983541_128


浜名湖付近はのどかで良いです。次は近辺のフラワーパークなどの観光スポットに行ってみたいですね。

それではまた。

続きを読む
管理人プロフィール
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
  • ライブドアブログ