TASUKUエンジニアリング

管理人tasukuによるCB400SB(NC39)、プジョー 308 GT Line、マツダ・ロードスター(NB6C)等に関する趣味のブログです。

椿ライン

ども。今日は以前行ってきた椿ラインについて報告してみたいと思います。

椿ラインは箱根峠の横道にそれた位置、箱根ターンパイク(TOYO TIRES)の近くにあります。
IMGP0203

さて、とりあえず走ってみます。景色はあまり見えません。そのかわり、道はかなりの峠道。右へ左へ追い回されます。撮影ポイントはほとんどなく、写真にあるヘアピンがある地点くらいですね。バスや観光客がそれなりにいるため、追い越しに気を使います。そうこうしているうちに、温泉宿が見えてきて、ちょっとした集落に入ります。この辺の雰囲気はなかなか。そのまま真っ直ぐ行くと、湯河原駅に到着します。
IMGP0212IMGP0209

それではまた。

あいあい岬

ども。本日はふとぶらり、南伊豆方面へツーリングへ行ってきました。

ルートは、西伊豆を経由。渋滞も少なく快適でした。

さて、南伊豆に入り、ぶいぶい走らせているとあいあい岬に到着。「海中の奇岩が迫る景観美」と言われているように、岩がそびえ立っている。景色はかなり良く、南伊豆で気軽に立ち寄れる場所としておススメです。
IMGP0179IMGP0181

次は石廊崎に行ってみたいですね。

それでは。

スーパーシェルパ インプレッション

ども。

今回も過去に所有していたバイクについて、インプレッションをしようかと思います。
カワサキ・スーパーシェルパというバイクで、社会人1年目に購入し、主に通勤で活躍していたバイクです。

スーパーシェルパ2

基本情報
車名:カワサキ・スーパーシェルパ
型式:BA-KL250G
年式:2002年
エンジン型式:KL250GE
エンジン種類:空冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
エンジン総排気量:249cc
実燃費:30km / リッター

インプレ
一般的にオフロードバイクは、シート高が高く、ライダーを不安にさせる要素しかありませんが、このスーパーシェルパは、シート高が低めで足つき性が非常に良いです。また、車体がコンパクトで、ハンドルの切れ角も多く、扱いやすいです。この手のバイクは、ホンダ・SL230、XR230やヤマハ・セローあたりがありますね。生産は2007年迄となっており、現在では後継車種はありません。残念。

スーパーシェルパの特徴として、26PSを誇るDOHCエンジンで、伸びのあるパワフルな加速が楽しめます。6速ミッションですが、1速はスーパーローギア、4〜6速はKLXよりハイギアードとなっているのが特徴です。上記エンジンとミッションの組み合わせにより、街乗りはお手のもの。高速を使ったツーリングもじゅうぶんこなせます。また、燃料タンク容量が9Lとなっており、オフロードというジャンルのバイクにしては、航続距離が長めという点も良いですね。そして車検が無い。傑作万能バイクです。

メーター周りはシンプルそのもの。スピードメーター(デジタル)、オドメーター、ツイントリップメーター、時計がついてます。燃料計はありませんが、燃料コックがついてます(当たり前か)

なお、ワタシは1回もオフロードに行っておりませんので、オフロード車としてのインプレはできません。申し訳ありません(^^;)

さて、毎度おなじみ、欠点についてです。

高速はややつらい
250ccにしては、それなりにエンジンパワーはあります。とはいえ、車体の構造上、もろ風を受けるので、快適性はいまひとつ。

始動性が悪い
基本チョークをひかないとかかりません。毎日エンジンをかけていれば問題ないのですが、3日おくと、途端にかからなくなります。漢カワサキらしく、「毎日乗れない奴は乗るな!」ということでしょう(笑)

オイル漏れ
ワタシはありませんでしたが、オイル漏れをしてしまう個体があるそうです。

ブレーキ性能がいまひとつ
ワタシのシェルパは、ブレーキ性能がいまひとつで、何回も怖い思いをしました。

雨天時に突然ストールする時がある
これは原因不明。点火系に問題があったのかもしれません。

少ないアフターパーツ
セローに隠れて地味なせいか、期待はできません。

ぐずぐず文句を言ってしまいましたが、結果的にとっても乗りやすいバイクです。中古のタマは少ないかもしれませんので、欲しい方は早くゲットした方がいいかもしれません。

それではまた。
管理人プロフィール
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
  • ライブドアブログ