TASUKUエンジニアリング

管理人tasukuによるCB400SB(NC39)、プジョー 308 GT Line、マツダ・ロードスター(NB6C)等に関する趣味のブログです。

スーパーシェルパ インプレッション

ども。

今回も過去に所有していたバイクについて、インプレッションをしようかと思います。
カワサキ・スーパーシェルパというバイクで、社会人1年目に購入し、主に通勤で活躍していたバイクです。

スーパーシェルパ2

基本情報
車名:カワサキ・スーパーシェルパ
型式:BA-KL250G
年式:2002年
エンジン型式:KL250GE
エンジン種類:空冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
エンジン総排気量:249cc
実燃費:30km / リッター

インプレ
一般的にオフロードバイクは、シート高が高く、ライダーを不安にさせる要素しかありませんが、このスーパーシェルパは、シート高が低めで足つき性が非常に良いです。また、車体がコンパクトで、ハンドルの切れ角も多く、扱いやすいです。この手のバイクは、ホンダ・SL230、XR230やヤマハ・セローあたりがありますね。生産は2007年迄となっており、現在では後継車種はありません。残念。

スーパーシェルパの特徴として、26PSを誇るDOHCエンジンで、伸びのあるパワフルな加速が楽しめます。6速ミッションですが、1速はスーパーローギア、4〜6速はKLXよりハイギアードとなっているのが特徴です。上記エンジンとミッションの組み合わせにより、街乗りはお手のもの。高速を使ったツーリングもじゅうぶんこなせます。また、燃料タンク容量が9Lとなっており、オフロードというジャンルのバイクにしては、航続距離が長めという点も良いですね。そして車検が無い。傑作万能バイクです。

メーター周りはシンプルそのもの。スピードメーター(デジタル)、オドメーター、ツイントリップメーター、時計がついてます。燃料計はありませんが、燃料コックがついてます(当たり前か)

なお、ワタシは1回もオフロードに行っておりませんので、オフロード車としてのインプレはできません。申し訳ありません(^^;)

さて、毎度おなじみ、欠点についてです。

高速はややつらい
250ccにしては、それなりにエンジンパワーはあります。とはいえ、車体の構造上、もろ風を受けるので、快適性はいまひとつ。

始動性が悪い
基本チョークをひかないとかかりません。毎日エンジンをかけていれば問題ないのですが、3日おくと、途端にかからなくなります。漢カワサキらしく、「毎日乗れない奴は乗るな!」ということでしょう(笑)

オイル漏れ
ワタシはありませんでしたが、オイル漏れをしてしまう個体があるそうです。

ブレーキ性能がいまひとつ
ワタシのシェルパは、ブレーキ性能がいまひとつで、何回も怖い思いをしました。

雨天時に突然ストールする時がある
これは原因不明。点火系に問題があったのかもしれません。

少ないアフターパーツ
セローに隠れて地味なせいか、期待はできません。

ぐずぐず文句を言ってしまいましたが、結果的にとっても乗りやすいバイクです。中古のタマは少ないかもしれませんので、欲しい方は早くゲットした方がいいかもしれません。

それではまた。

FZ400 インプレッション

ども。今日は、管理人のワタシが以前、学生時代に所有していたFZ400というバイクについて個人的なインプレをしてみます。

BlogPaint

基本情報
車名:ヤマハ・FZ400
型式:4YR
年式:1997年
エンジン型式:4YR
エンジン種類:水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
エンジン総排気量:399cc
実燃費:16〜20km / リッター

インプレ
ロボットみたいな顔が印象的なバイクです。400ccの割に車体は大柄。FZS600と同じフレームらしいです。光り輝くブレンボキャリパーを標準装備しています。FZ400は97年〜98年の間しか製造しておらず、マイナー車です。実は教習車仕様のFZ400もわずかに存在しています。見られた人はラッキーかも。

さて、市場ではイマイチな存在だったFZ400。奇特な形をしているバイクですが、走りは素直。速い、乗りやすい、良く曲がるバイクです。人気がイマイチだった理由は、免許制度の改訂が原因だと巷では言われてますが、実際はFZ400のその独特な形状が、万人に受け入れられなかったのではないかと思っています。ちなみに、独特のキュイーンという水冷音が心地よいです。

FZ400のツーリング性能は非常に高いです。デザインが賛否両論ではあるものの、防風性の高いショートカウルを標準装備。航続距離も300km近く確保し、燃料計まで装備しています。(ただし、水温計はない) シート下が広く、後部座席にもモノが積みやすいです。

さて、FZ400の欠点です。

安定しないアイドリング
FZ400と言えば、アイドリング不調がとっても有名です。これは持病なので、しょうがないです。

マイナー車
中古車のタマが少なく、購入(車両を探す)が大変です。知名度もあまり無く、FZ400Rと混同する人もたまにいます。

少ないアフターパーツ
マイナー車なので、アフターパーツが少ないです。メーカーの標準部品の供給も心配です。

スポーツ、ツーリング共に使える万能なFZ400。機会があるなら、もう一度所有したいバイクです。特にデイトナカラーのFZ400が個人的におススメです。

それではまた。

西伊豆スカイライン 西天城高原線

今日は、日頃よく走りに行く、西伊豆スカイライン&県道411号西天城高原線について紹介してみます。

西伊豆スカイラインは適度なアップダウンと、適度なカーブが折り重なったとても面白い道路。所々、休憩所があり、そこから見える景色はなかなかすばらしいです。無料道路になったせいか、路面に古さを感じますが、交通量は非常に少ないため走りやすいです。
IMGP0062

さて、西伊豆スカイラインの延長上にある県道411号西天城高原線も面白いです。西伊豆スカイラインとは全く異なり、こちらの道路はハイスピードなコースです。ちなみに別名「天皇道路」とも呼ばれています。
IMGP0037

西伊豆を訪れたら必ず走りましょう。それくらいおススメです。

それではまた。
管理人プロフィール
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
  • ライブドアブログ