TASUKUエンジニアリング

管理人tasukuによるCB400SB(NC39)、プジョー 308 GT Line、マツダ・ロードスター(NB6C)等に関する趣味のブログです。

バイク遍歴

ども。管理人のtasukuです。

今日は、過去所有していたバイクについて、紹介したいと思います。


YAMAHA TZR50R 1995年式
所有期間 2005年〜2006年
TZR50R-1
初バイクはこのTZR50R。当時は大学生で、約1年間ほど所有。原付なのにレーサーレプリカのようなカラーリングとデザインでとても派手。しかも、リミッターカットで時速90kmオーバーという恐るべき原付である。納車したての頃は、昼も夜も雨の日もTZR50Rで走りまわり、単位を落としかけたことや、夜間に走行して職務質問されたこともあり、何かと話題に欠かせないバイクであった。2サイクルエンジンゆえに白煙がものすごく、ワタシが走り去っていく光景が、仲間から「ホワイトアウト」と呼ばれていたのが今となっては懐かしい(笑)


YAMAHA FZ400 1997年式
所有期間 2006年〜2008年
BlogPaint
TZR50Rを購入して1年後、もっと大きい排気量のバイクが欲しくなる。そんなわけで、普通二輪免許を取得し、FZ400を購入。本格的にツーリングに行くようになる。
マイナー車だが、とても速く、ハーフカウルがついていたのでツーリングに使える傑作バイクであった。
バイクの重心が高いせいか、はたまたワタシが未熟なせいか、立ちゴケが多く、クランクケースが傷だらけ。とはいえ、思い出の深いバイクであるため、機会があればまた所有したいバイクである。


KAWASAKI SUPER SHERPA 2002年式
所有期間 2008年
スーパーシェルパ2
いつのまにか大学を卒業し、社会人に。FZ400と通勤を共にしていたが、突然調子が悪くなり、手放すことに。
当時はオフロードに興味があったため、通勤用もかねてこのバイクを選択。(セローと悩んだ)
エンジンパワーがそこそこある傑作バイクだが、雨の日に突然エンジンがストールしたり、始動性が最悪だったりとイマイチなトコがあったことも事実。結局、所有期間は1年のみ。クルマ(ロードスター)を購入するまでの'つなぎ'のような感じになってしまったのは残念ではある。


HONDA VTR1000F 1997年式(国内仕様)
所有期間 2009年〜2010年
IMGP0871
しばらくの間、バイクに乗らず、クルマ(ロードスター)に乗っている日々が続いていた。しかし、バイクに乗らない日々が続くとまた乗りたくなってしまう・・・。またバイクに乗るなら、今度は大型バイクだと思い、大型二輪免許を取得。
何を買おうかと思っていたところ、国道1号線で見かけたVTR1000Fの2本出しマフラーにあこがれるようになり、購入を決意。まあ正直なところ、中古が安かったという理由が本音である(^^;)
久々のロードスポーツバイク、強大なパワー、戦闘的なフォルムなど魅力にあふれたバイクであったが、航続距離が非常に短く(たったの200km)、ポジションがきつい(肩が痛くなる)など、ツーリング性能がいま一つであった。また、1000ccのパワーは容易に扱えるものではないことがよく分かったバイクでもある。車検切れのタイミングで売却し、身の丈にあったバイク、CB400SB(NC39)へ乗り換えをすることに。


HONDA  XR230モタード  2008年式
所有期間 2016年〜2017年
DSC_2393
このバイクは、実家(静岡)用で購入。将来的にオフロードも走れるよう、あえてこの車種を選択。(ホントに行くかどうかは別だが)  性能が控えめな分、乗りやすかったバイクではあるが、購入して1年後に売却。非常に短い運命でした(^^;)


こう見ると、いろいろ乗っていたんだなぁと思い返します。こんなに乗り換えてたらお金がいくらあっても足りませんね(苦笑)

それではまた。

愛車紹介(まとめ版)

ども。管理人のtasukuです。

今日は、現在所有の車両について紹介したいと思います。


HONDA  CB400SB(NC39) 2007年式
所有開始時期 2010年
DSC_1697
以前所有していたVTR1000Fを車検切れのタイミングで売却。VTR1000Fは大変速いバイクでしたが、大変難しいバイクであったことも事実。そんなわけで、

「峠をガンガン攻めれて、ツーリングにも使えて、楽なバイクがほしい」

こんな無茶な願いをしたところ、現れたのがこのCB400SBです。
欠点らしい欠点はまるでなく、カスタムパーツも豊富。乗りやすくて速い、格好良い。
CB400SBに乗り換えてからというもの、VTR1000Fの時より、峠での走りのペースが上がりました。
速さがパワーではないことをつくづく証明させられたバイクです。
これからも大事に乗っていきたいと思います。


HONDA  Dio110  2014年式
所有開始時期 2014年
DSC_1255
通勤及びお買い物に使用しているゲタバイク、Dio110です。
控えめな性能ではありますが、安さや取り回しは良好です。
購入を検討の方は、「インプレッション」を参考ください(業者)


プジョー 308 GT Line 2016年式
所有開始時期 2016年
DSC_3384_1
初輸入車。通勤やお買い物が楽に。休日にのんびり温泉にも行けます(笑)
乗っている人が非常に少ないです(^^;)  でも良いクルマです。

走りは良いし、デザインも悪くない。輸入車にしてはそんなに高くはない。
でも売れない!なぜ?
いいんです。良さが分かる人だけが乗れればそれでヨシ。
そんな謎多き、フランス車が気になる方は「インプレッション」をどうぞ。


それではまた。

XR230モタード インプレッション

ども。

今日は実家(静岡)で活躍中のバイク、ホンダ・XR230モタードのインプレをしたいと思います。


追記:このバイクは、諸事情により、2017年1月に売却してしまいました。


DSC_2393DSC_2469

基本情報
車名:ホンダ・XR230モタード
型式:JBK-MD36
年式:2008年
エンジン型式:MD33E
エンジン種類:空冷4ストロークOHC 単気筒
エンジン総排気量:223cc
実燃費:28〜35km / リッター

インプレ
ホンダ・XR230モタードは、オフロード車であるXR230のモタード版バイクです。カワサキ・スーパーシェルパやヤマハ・セローと同様、シート高が低めで足つき性が良いバイクです。現在は後継機として、ホンダ・CRF250Mがありますが、こちらはフルサイズになっており、XR230モタードとはちょっと異なりますね。

XR230モタードを一言で言うならば、「非力だが、軽量で操縦性が良いバイク」ですね(^^;)
エンジンはFTRと一緒の223ccで、パワーはたったの18PS。ギアは6速ミッションですが、加速寄りのセッティングで、最高速度は100kmですね(^^;) 燃料タンクは約8L。燃費を考えれば、航続距離はそれなりです。

テクニカル&アップダウンの激しい峠は、このバイクが最も得意とする場所です。適正なギアに切り替えて、全開で駆け抜ける。元からパワーが無いので、パワーを使い切れる上に、軽快で操作性が良く、大変乗りやすいです。パワーが無いのに面白い。実に不思議なバイクです。

スピードがのる伊豆スカイラインや西天城高原道路などは苦手。とはいえ、全開走行で駆け抜けるのは、爽快ですね。スピードがのるコースは我慢の走りで、テクニカルな峠に入ったら本領発揮。そんなバイクです。

実はのんびり走っても楽しい。単気筒のトコトコ感は、不思議な魅力があります。

メーター周りは大変シンプル。アナログ式のスピードメーター、ロータリー式のトリップメーター、後はランプ類のみ。余計なものは一切ありません。個人的にはアナログが好きなので、このメーターはお気に入りです。

さて、不満点についてもいくつかあります。

高速はきつい
高速道路は基本的にキープレフト。追い越しは非常にきついです。高速はのんびりトラックの後ろを走り、景色を楽しみましょう(^^;)

ガサツなエンジン
ホンダらしくないガサツなエンジン。単気筒なのでしょうがないですが、振動がきつく、ずーっと乗っていると、手がビリビリしてきます。

積載力はゼロ
キャリアくらいはつけた方が便利かもしれません。

少ないアフターパーツ
悲運のマイナー車。しょうがないですね。

このバイクは、メインよりもサブ的使い方が適してます。ぷらっと近場の峠を走り、帰ってくる。そんな使い方が合っているバイクだと思います。
また、オフロード用ホイール&タイヤに交換し、オフロードバイクとして楽しむのもアリですね。1粒で2度おいしいバイクだと思います。

それではまた。
管理人プロフィール
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
  • ライブドアブログ