TASUKUエンジニアリング

管理人tasukuによるCB400SB(NC39)、プジョー 308 GT Line、マツダ・ロードスター(NB6C)等に関する趣味のブログです。

矢作ダム2

ども。

もうすぐ春でしょうか。少しずつではありますが、暖かくなってきているこの頃です。

今日は、先日納車したXR230モタードでショートツーリングに行ってきました。

今回は瀬戸市方面から戸越峠(県道33号線)経由で、矢作ダムへ。そのままダム内(奥矢作湖)をじっくり一周してみました。

北側はテクニカルですが、アップダウンが少なく、比較的走りやすいコースです。どんな車種でもそれなりに走れるでしょう。

対して南側はトリッキー。所々落ち葉が落ちており、一部アップダウンが激しいところもあり、癖があります。

小ぶりなニュルブルクリンクみたいなコースですね。1周できるようなコースなので、ちょっと面白いところではあります。

この矢作ダムのような、狭く、テクニカルで、トリッキーなコースは、XR230モタードにはうってつけですね。ワタシ以外にも、オフ車やモタード車を見かけるので、思いは同じなのかもしれません(笑)

それではまた。今度はXR230モタードのインプレをしてみたいと思います。

DSC_2421


愛車紹介:ホンダ・CB400SB(NC39)

ども。

今回はバイクの紹介を更新しようかと思います。主にカスタムに関することになりますが、変更がある度に、ちょこちょこ改訂していこうかと思います。

ホンダ・CB400SB(NC39)  2007年式
DSC_1697

NC39 SPEC
マフラー:アールズギア・ワイバン
キャブレター:ノーマル改
Fタイヤ:ダンロップ・スポーツマックス α-13 (120/60-17)
Rタイヤ:ダンロップ・スポーツマックス α-13 (160/60-17)
ブレーキホース:グッドリッジ
Rショック:オーリンズ
ハンドルバー:CB1300純正
その他:ETC(日本無線製)

解説
見てくれは、いたってフツーのツーリングバイク。チラチラと高価な部品がついてはありますが、あまり派手な感じがしないところが良いです。とはいえ、CB400シリーズ自体の完成度がとても高く、乗りやすく、エンジンもよく回るので、峠ではかなりの戦闘力を持ってます。400cc&ツーリングバイクだからと言って、あなどってはいけません。

カスタムはコーナリング性能を重視しています。

まず、リアショックを減衰&車高調整可能なオーリンズとし、合わせて、フロントフォークの突き出し量も調整。

タイヤはハイグリップタイヤであるダンロップ・α-13を選択。極端に乗り味が変わらないように、タイヤサイズはノーマルと同サイズとしました。

ハンドルバーをCB1300の純正ハンドルを流用し、ノーマルよりも幅広いハンドルとしました。結果、コーナリングでの切り返しに強い、安定したコーナリング性能を持つバイクに仕上がってます。

ブレーキ系統ですが、ブレーキホースをメッシュホースにし、かっちりとしたタッチの良いフィーリングになってます。

マフラーはアールズギア・ワイバンに変更。約5kgの軽量化となり、コーナリング性能がアップ。ついでに臨場感もアップ。キャブレター調整により、トルク低下を改善し、高回転で力が出るようになっています。

便利なETC(日本無線製)を装備しているので、ロングツーリングもばっちり。


大変乗りやすく、峠が面白いバイクに仕上がってます。ながーく乗っていきたいと思います。

それではまた。続きを読む

CB400SB(NC39) キャブレター調整 他

あけましておめでとうございます。

約2か月間、ブログを放置してました(^^;)

実はこの2か月間、バイクのメンテナンスで、ショップに預けてました。


今回のメンテナンスは以下の通りで・・・


・前後ショックのフルオーバーホール

・エンジンオイル、オイルフィルター、冷却水、点火プラグ、プラグコード交換

・キャブレター調整


消耗品をいっぱい交換しました。加えて、今回はキャブレター調整を実施。理由として、2年前にマフラーを交換後、トルクがやや低下し、走りにくい状態だったからです。しかし、今回の調整でトルク低下を改善、高回転で力が出る素晴らしいセッティングにしてもらいました。


久々に富士市中里あたりで撮影。見た目は全く変わっていませんが、中身は大幅に変わっています。

DSC_2358

それではまた。今年も春になったら、バリバリ走りたいと思います。

続きを読む
管理人プロフィール
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
  • ライブドアブログ