ども。

さて先日、実家の沼津でBBQイベントがありました。参加のために新幹線で行こうかと思ってましたが、いまいち交通アクセスが良くない・・・。

ということでレンタカーで行くことにしました。フツーのクルマではつまらない・・・ということで、スポーツカーであるS2000をレンタルしてきました。なかなかアホな判断でしたが、楽しい経験でしたね。というわけで、インプレッションしてみたいと思います。

なお、ワタシの総走行距離は約560km。ほとんど高速道路走行で、一般道は箱根峠をちょろっと走っただけのインプレッションですが、ご理解ください。

基本情報
車名:S2000
型式:AP1
年式:1999年
エンジン型式:F20C
エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC VTEC
エンジン総排気量:1997cc
実燃費:11km / リッター

S2000

 

外観等

癖のないスポーツカーフォルムです。オープンカーですが、性能やフィーリングを考えると、S2000はレーシングカーの部類。窓の位置が高いため、オープンにしてもマツダ・ロードスターほど、オープンは感じないです。よくマツダ・ロードスターと比較インプレッションをされますが、レーシングカーとしてはS2000が上。オープンカーとしてはマツダ・ロードスターの方が上かと思われます。

走り

エンジンはホンダを象徴するDOHC VTEC。良く回るエンジンで、音も迫力大。踏んだ分だけ加速する、凄まじいエンジンです。公道ではエンジンを使い切ることはほぼ不可能。2000ccのNAエンジンで250PSは伊達じゃないです。

ハンドリングもレーシー。遊びがほとんどなく、ゴーカートのようにクイックに曲がります。クイックなせいか、眠くてうとうとしてると、壁がいきなり近づいてます(笑) 交差点を曲がる時は、どうしてもハンドルをいっぱい回してしまう癖があるので、緊張した運転となってしまいます。

コックピット

コックピット内部は簡素なもの。メーターはオールデジタル。近未来的ですが、ワタシとしてはアナログメーター好きなので、この辺は好みですね。今回のレンタカーのS2000は、革シートでしたが、座り心地はまあフツー。久々のスポーツカーですので、着座位置の低さにはビビりました(笑)

DSC_2117DSC_2121

総合

S2000は、完全なレーシングカーです。とっても楽しいですが、とっても乗りこなすのが難しいです。とはいえ、中古市場では人気のあるスポーツカーで、価格も高いですが、興味のある人は一度は乗ってみることをおすすめします。ワタシももう1回くらいはレンタルで乗って、茶臼山高原道路でも走ってみようかと思います。

 

それではまた。S2000とマツダ・ロードスターの比較インプレッションも面白そうなので、記事にしようかと計画中です。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。