ども。春らしくなってきました!

さて、この3連休、地元に戻り、西伊豆スカイラインをクルマで走ってきました。

ただ走るだけでは面白くない。地元の友人(デミオ)を誘って、走ってきました。

そんな308vs.デミオについて、勝手なインプレッションをしたいと思います。308とデミオで悩んでいる方は、参考にしてみてください(そんな人はまずいない)

簡単なカタログスペック

プジョー 308 (ガソリンエンジン仕様)
エンジン種類:水冷直列3気筒DOHCターボチャージャー付
エンジン総排気量:1199cc
トランスミッション:アイシンAW製 EAT6(6速AT)
駆動方式:FF

マツダ デミオ (ディーゼルエンジン仕様)
エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
エンジン総排気量:1498cc
トランスミッション:マツダ製 6EC-AT(6速AT)
駆動方式 :4WD(AWD)

DSC_3569

乗り比べた結果、少なくても西伊豆スカイラインにおいては、デミオの方が速いです(笑)
坂が多く、道幅が狭く、コーナーの多い西伊豆スカイラインは、デミオに搭載されたディーゼルエンジンによるトルクのある走り、抑えられた車幅と車重、レスポンスの良いトランスミッション、4WDによる安定感により、くるくる回って、イカれた走りが可能です(笑) ここまですごいとは・・・、マツダは凄いメーカーです。
ただ、あえていうなら、コーナー走行時のロールが気になります。足回り(ショック、ブレーキ、タイヤ)を強化し、レカロシートをつければ文句無し。最強の峠マシンの完成です(笑)

さて308の方ですが、悪くはありません。自慢の猫足により、スムーズで安定感のある走りです。ただ、車重が重いのと、車幅が難点。大きい図体が、西伊豆スカイラインにはちょい厳しかったですね(^^;)

総評として、峠はデミオの方が、走りやすく、小気味良い走りができます。
高速道路は、308の方が、安定感のあるハイスピードな走りができます。

どちらも甲乙つけがたい。クルマ選びは散々悩みましょう(笑)
今回の走行は非常に楽しかったです。これからもいろいろなクルマに乗りたいですね!

それではまた。

DSC_3584←三津から見た夕日