TASUKUエンジニアリング

管理人tasukuによるCB400SB(NC39)、プジョー 308 GT Line、マツダ・ロードスター(NB6C)等に関する趣味のブログです。

インプレッション

プジョー 308 GT Line インプレッション インテリア編

まいどどうも。

大変長らくお待たせをしております。

プジョー 308 GT Line インプレッション インテリア編をしていきたいと思います。

DSC_3303DSC_3455
高級感は無いが、演出がオシャレな運転席
どことなくオシャレな運転席。革巻の小径スポーツステアリング、アルカンタラ・スポーツシート(後述)、異形メーター、アルミペダル、DENONサウンドシステム(後述)が奢られ、非常に魅力的かつ個性的な作りです。特に夜は、各ライト類の演出がとってもオシャレ。プジョーのセンスの良さを感じます。

DSC_3446
希少なレッドステッチ・テップレザー/アルカンタラ・スポーツシート
ワタシのGT Lineは初期生産車の為、レッドステッチ・テップレザー/アルカンタラ・スポーツシートとなっています。(現行車はレッドステッチ・テップレザー/ファブリック・スポーツシート) このシートはなんとマッサージ機能を装備。使ってみましたが、効果は微妙(^^;)  フランス人の感覚がいまひとつ謎ですが、これはこれで面白い機能です。

DSC_3310
DENON製サウンドシステム
GT LineにはDENON(デノン)製の9スピーカーサウンドシステムを搭載。(写真はトランク下に内蔵のサブウーファー) たいてい、この手の高級オーディオの定番と言えば、BOSEが有名ですが、プジョーはなぜかDENONを選択。またまた、フランス人の感覚は只者ではない(笑)  っと思ってしまいます。
さて、音の方ですが、非常に良い音を鳴らしてくれます。ちょっとだけ価格の高いGT Lineで、プレミアムオーディオがついてくるので、コストパフォーマンスは相当に高いと思います。

DSC_3390
ドリンクホルダーが少ない理由
308にはドリンクホルダーが写真の部分(シフトレバーの後ろ)に1か所しかありません。しかも、一部ペットボトル(角型等)は入らない仕様。「不便なクルマだな」っと思うかもしれませんが、これには理由が。
フランスでは運転中の飲食は交通違反になってしまうようです。そのため、ドリンクホルダーがほとんどない仕様に。フランス人らしく、茶飲むなら、喫茶店へ行け! っということですね(笑)

DSC_3543
収納について
写真は助手席側にあるグローブボックス。半分以上がヒューズボックスで占領され、小物しか入りません(^^;)  そのため車検証は、助手席の後ろにあるポケットに入れてます。全体的に収納スペースはイマイチ。走りとデザイン重視のクルマです。

DSC_3508DSC_3509
クセの強い操作パネル
308はセンターにある操作パネルで、エアコン、ラジオ、オーディオ、各機器の操作等を集約しています。操作パネルを使わないで操作できるのは、ハザードランプ、ドアロック及び解除、換気の切替、霜取りだけ。非常にすっきりしており、見た目が良い反面、操作パネルが壊れたら何もできないという欠点もあります(^^;)

表示言語が多数選択できますが、なんと日本語は無し(^^;) とりあえず、英語表示にしてます。と言っても、あまりいじるところはないので、問題はありませんね。かえって格好良いです(笑)

エアコンはオートエアコン。上の写真は「23」と表示されており、「23℃設定なんだな」っと思いますが、実は間違い。快適度23という意味らしいです。あくまで目安で上げ下げをしていく仕様です。

安全装備もいっぱいついてます。便利なのはブラインドスポットモニターシステム、フロント及びバックソナー、バックカメラの3つ。
ブラインドスポットモニターシステムは、走行中、死角にクルマがいる場合、ミラーにオレンジ色のサインが点灯し、ドライバーに警告をしてくれます。フロント及びバックソナーは、障害物に接近すると音で警告してくれます。バックカメラはその名の通り、バック時に後ろの状態を見れる機能ですが、R(リバース)に入れた後、画面切替えがやや遅いのがいまひとつ。とはいえ、これらの装備があるおかげで、車幅が広めな308が、運転しやすいクルマに仕上がってます。

なお、オーディオの機能については、また別記事で報告致します(まだ使いこなせてません・・・)

その他の装備として、オートクルーズ、空気圧警告灯、燃費計(非常に正確!)、電卓(いつ使う?)、カレンダー(謎) 等、いろんな機能が満載。微妙な機能も多いですが、いろいろ試せて面白いです。

308は非常に個性の強いクルマです。フランスという異国の文化を味わえる希少なクルマだと思います。万人にはおススメはできませんが、「良さが分かる人だけが乗れば良い」そんなクルマがプジョーだと思います。

それではまた。

プジョー 308 GT Line インプレッション エクステリア編

まいどどうも。

お待たせ?をしております。

プジョー 308 GT Line インプレッション エクステリア編をしていきたいと思います。

DSC_3384_1

ライバルは?
308は2007年に初代(T7型)が登場、2013年に2代目(T9型)となりました。初代はヘッドライトがつり目で、なかなか個性的な印象でしたが、2代目からはやや落ち着いた感じに。ライバルは正に・・・

VW・ゴルフ

間違いありません。デザイン、サイズ、使い勝手、価格、どれをとっても、VW・ゴルフを意識してます。(308特集にも308vs.ゴルフになってました ^^;)
しかし、売れているのはVW・ゴルフ。ブランドと販売力の差ですね(^^;)  残念。とはいえ、プジョーは希少車ですので、他人とかぶりたくない、独自のセンスを求める人には非常におススメできます。


DSC_3423_1

ライトについて

写真では分かりにくいですが、ヘッドライト上部に小さいLEDが何個もちりばめられています。
メーカーいわく、「まるで宝石が埋め込まれているようなヘッドライトユニット」っと言われているようになかなか凝った作りです。この(宝石のように)ちりばめられた小さいLEDは、エンジンがかかっている間は、日中、夜関係なく点灯しているので、なかなか目立ちますね。308を周囲に猛アピールしているので、なかなかお気に入りではあります。


DSC_3516_1DSC_3506

その他(テール、ホイール、タイヤ等)
308のテールですね。ダブルマフラーが印象的ですが、実はダミー(^^;)  排気管は奥の方にあり、実際にはダブルマフラー(ダミー)の下部から排気ガスがでてきます。
ナンバープレートステーの取付がいまいちで、リアハッチの開閉時にガタガタします。大丈夫かいな?

GT Lineのタイヤサイズは、225/40-18。ホイールデカいです。タイヤ薄いです。タイヤ引っ張りすぎ!(^^;)  でもこのえげつない感じが良いです。タイヤ銘柄は、ミシュラン・パイロットスポーツ3です。

次はインテリア編をインプレッションしていこうと思います。それではまた。

プジョー 308 GT Line インプレッション 走行編

まいどどうも。

突然のクルマ購入から早2ヵ月。600kmほど走行しました。
ちょいと早いですが、インプレッションをしてみようかと思います。

今回のインプレッションは、大変力を入れていきたいので、いくつかに分けて記事にしていきたいと思います。

今回は「走行編」です。

DSC_3423_1DSC_3384_1

基本情報
車名:プジョー 308
型式:ABA-T9HN02
グレード:GT Line
年式:2016年
エンジン型式:HN02
エンジン種類:水冷直列3気筒DOHCターボチャージャー付
エンジン総排気量:1199cc
実燃費:8〜15km / リッター

どんなモデル?
プジョー 308は2007年に登場。308の初代(T7型)は2007年〜2012年、2代目(T9型)は2013年〜現行となっています。ちなみに308は307の後継車という位置付けですが、308以降は、フルモデルチェンジをしても、数字は増えない決まりになったようです。(まぎらわしいですね ^^;)
なお、308のグレードは、ガソリン車のハッチバック車及びステーションワゴン車に、アリュール及びGT Lineの2種類ずつ。ディーゼル車のハッチバック車及びステーションワゴン車に、アリュール及びGTの2種類ずつ。GTiというスポーツグレードに2種類と、バリエーションが豊富です。
ワタシが購入したグレードは、ハッチバック車(ガソリン車) のGT Line。基本グレードのアリュールを、スポーティーにしたグレードです。

エンジン、ミッション、足回りなど
現行の308(ガソリン車)に搭載されるエンジンは、1199ccの水冷直列3気筒DOHC(ターボチャージャー付) ミッションは、アイシンAW製のEAT6(6速AT)

DSC_3418

ライバル車のVW・ゴルフ(と思われる)が、4気筒エンジンに7速AT(DCT)に対し、308は3気筒エンジンに6速AT(トルコン)。いまひとつ308が地味に感じてしまいます。
ですが、走ってみると、全く問題ない!アイシンAW製の出来の良いミッションで、なめらかに発進、変速もスムーズ。いざとなればパドルスイッチで任意にシフト操作ができ、レスポンスもなかなか。
エンジンもじゅうぶんな力があり、癖がなく、扱いやすいです。3気筒ぽいガラガラサウンドがちょっぴり聞こえますが、特に不快ではありません。

足回りは、プジョーが最も得意とする分野。俗にいう「猫足」ですが、柔らかい乗り心地と安定性を高次元で両立しており、峠や高速道路を走った時に間違いなく実感できます。デカい図体の308ですが、鼻先が軽く、軽やかな走りを楽しめます。高速道路ではどっしりと安定した走りで、いざとなればエンジンをガンガン回して、パワフルに走れます。「3気筒なめんな!」といった感じです(笑)

なお、車重が1.5トンもあるため、燃費はいまひとつですね。燃費を気にするならば、ディーゼル車がおススメかもしれません。ワタシは燃費目的で買ったわけではないので、この辺は無問題。


「スポーツモード(ダイナミックモード)」について

DSC_3442
普段はこちらのように、「ノーマルモード」になってます。
「ノーマルモード」は、街乗りに適しており、アクセルを急激に踏み込んでも急加速しないように、ややだるめなアクセルレスポンスです。電動パワステは非常に軽く、軽い力でかろやかに走行できます。
なお、スピードメーターの表示をよく見てみると、奇数ごとに表示されています。。これには理由があり、フランスでは奇数ごとに速度規制をしているからです。(30km、50km、130km等) 日本は奇数、偶数関係無しですね。

DSC_3441
対して、「スポーツモード(ダイナミックモード)」は、本気モード。メーターが真っ赤になり、アクセルレスポンスが機敏になります。深く踏み込むと、なかなかシフトアップしません(笑) ハンドルが重くなり、スピードを出しても安定感のある走りです。スピーカーからスポーティーなエンジン音が流れ、気分は最高です!

余談ですが、エンジン回転計が逆回りになっています。これには以下のような理由で・・・、
308はハンドルの上部からメーターパネルを見る構造になっています。この構造だと、エンジン回転計が8時の位置から始まる場合、ハンドル上部に隠れてしまいます。これを回避する為に、16時の位置から針が始まるようになっているそうです。(ディーラーの営業マン談)

この辺はプジョー独特のセンスを感じます。面白いです。輸入車の魅力ですね。

それではまた。次回はエクステリアを中心にインプレッションをしていく予定です。

XR230モタード インプレッション

ども。

今日は実家(静岡)で活躍中のバイク、ホンダ・XR230モタードのインプレをしたいと思います。


追記:このバイクは、諸事情により、2017年1月に売却してしまいました。


DSC_2393DSC_2469

基本情報
車名:ホンダ・XR230モタード
型式:JBK-MD36
年式:2008年
エンジン型式:MD33E
エンジン種類:空冷4ストロークOHC 単気筒
エンジン総排気量:223cc
実燃費:28〜35km / リッター

インプレ
ホンダ・XR230モタードは、オフロード車であるXR230のモタード版バイクです。カワサキ・スーパーシェルパやヤマハ・セローと同様、シート高が低めで足つき性が良いバイクです。現在は後継機として、ホンダ・CRF250Mがありますが、こちらはフルサイズになっており、XR230モタードとはちょっと異なりますね。

XR230モタードを一言で言うならば、「非力だが、軽量で操縦性が良いバイク」ですね(^^;)
エンジンはFTRと一緒の223ccで、パワーはたったの18PS。ギアは6速ミッションですが、加速寄りのセッティングで、最高速度は100kmですね(^^;) 燃料タンクは約8L。燃費を考えれば、航続距離はそれなりです。

テクニカル&アップダウンの激しい峠は、このバイクが最も得意とする場所です。適正なギアに切り替えて、全開で駆け抜ける。元からパワーが無いので、パワーを使い切れる上に、軽快で操作性が良く、大変乗りやすいです。パワーが無いのに面白い。実に不思議なバイクです。

スピードがのる伊豆スカイラインや西天城高原道路などは苦手。とはいえ、全開走行で駆け抜けるのは、爽快ですね。スピードがのるコースは我慢の走りで、テクニカルな峠に入ったら本領発揮。そんなバイクです。

実はのんびり走っても楽しい。単気筒のトコトコ感は、不思議な魅力があります。

メーター周りは大変シンプル。アナログ式のスピードメーター、ロータリー式のトリップメーター、後はランプ類のみ。余計なものは一切ありません。個人的にはアナログが好きなので、このメーターはお気に入りです。

さて、不満点についてもいくつかあります。

高速はきつい
高速道路は基本的にキープレフト。追い越しは非常にきついです。高速はのんびりトラックの後ろを走り、景色を楽しみましょう(^^;)

ガサツなエンジン
ホンダらしくないガサツなエンジン。単気筒なのでしょうがないですが、振動がきつく、ずーっと乗っていると、手がビリビリしてきます。

積載力はゼロ
キャリアくらいはつけた方が便利かもしれません。

少ないアフターパーツ
悲運のマイナー車。しょうがないですね。

このバイクは、メインよりもサブ的使い方が適してます。ぷらっと近場の峠を走り、帰ってくる。そんな使い方が合っているバイクだと思います。
また、オフロード用ホイール&タイヤに交換し、オフロードバイクとして楽しむのもアリですね。1粒で2度おいしいバイクだと思います。

それではまた。

S2000 インプレッション

ども。

さて先日、実家の沼津でBBQイベントがありました。参加のために新幹線で行こうかと思ってましたが、いまいち交通アクセスが良くない・・・。

ということでレンタカーで行くことにしました。フツーのクルマではつまらない・・・ということで、スポーツカーであるS2000をレンタルしてきました。なかなかアホな判断でしたが、楽しい経験でしたね。というわけで、インプレッションしてみたいと思います。

なお、ワタシの総走行距離は約560km。ほとんど高速道路走行で、一般道は箱根峠をちょろっと走っただけのインプレッションですが、ご理解ください。

基本情報
車名:S2000
型式:AP1
年式:1999年
エンジン型式:F20C
エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC VTEC
エンジン総排気量:1997cc
実燃費:11km / リッター

S2000

 

外観等

癖のないスポーツカーフォルムです。オープンカーですが、性能やフィーリングを考えると、S2000はレーシングカーの部類。窓の位置が高いため、オープンにしてもマツダ・ロードスターほど、オープンは感じないです。よくマツダ・ロードスターと比較インプレッションをされますが、レーシングカーとしてはS2000が上。オープンカーとしてはマツダ・ロードスターの方が上かと思われます。

走り

エンジンはホンダを象徴するDOHC VTEC。良く回るエンジンで、音も迫力大。踏んだ分だけ加速する、凄まじいエンジンです。公道ではエンジンを使い切ることはほぼ不可能。2000ccのNAエンジンで250PSは伊達じゃないです。

ハンドリングもレーシー。遊びがほとんどなく、ゴーカートのようにクイックに曲がります。クイックなせいか、眠くてうとうとしてると、壁がいきなり近づいてます(笑) 交差点を曲がる時は、どうしてもハンドルをいっぱい回してしまう癖があるので、緊張した運転となってしまいます。

コックピット

コックピット内部は簡素なもの。メーターはオールデジタル。近未来的ですが、ワタシとしてはアナログメーター好きなので、この辺は好みですね。今回のレンタカーのS2000は、革シートでしたが、座り心地はまあフツー。久々のスポーツカーですので、着座位置の低さにはビビりました(笑)

DSC_2117DSC_2121

総合

S2000は、完全なレーシングカーです。とっても楽しいですが、とっても乗りこなすのが難しいです。とはいえ、中古市場では人気のあるスポーツカーで、価格も高いですが、興味のある人は一度は乗ってみることをおすすめします。ワタシももう1回くらいはレンタルで乗って、茶臼山高原道路でも走ってみようかと思います。

 

それではまた。S2000とマツダ・ロードスターの比較インプレッションも面白そうなので、記事にしようかと計画中です。

続きを読む
管理人プロフィール
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
  • ライブドアブログ