TASUKUエンジニアリング

管理人tasukuによるCB400SB(NC39)、プジョー 308 GT Line、マツダ・ロードスター(NB6C)等に関する趣味のブログです。

愛車紹介(現在)

愛車紹介(まとめ版)

ども。管理人のtasukuです。

今日は、現在所有の車両について紹介したいと思います。


HONDA  CB400SB(NC39) 2007年式
所有開始時期 2010年
DSC_1697
以前所有していたVTR1000Fを車検切れのタイミングで売却。VTR1000Fは大変速いバイクでしたが、大変難しいバイクであったことも事実。そんなわけで、

「峠をガンガン攻めれて、ツーリングにも使えて、楽なバイクがほしい」

こんな無茶な願いをしたところ、現れたのがこのCB400SBです。
欠点らしい欠点はまるでなく、カスタムパーツも豊富。乗りやすくて速い、格好良い。
CB400SBに乗り換えてからというもの、VTR1000Fの時より、峠での走りのペースが上がりました。
速さがパワーではないことをつくづく証明させられたバイクです。
これからも大事に乗っていきたいと思います。


HONDA  Dio110  2014年式
所有開始時期 2014年
DSC_1255
通勤及びお買い物に使用しているゲタバイク、Dio110です。
控えめな性能ではありますが、安さや取り回しは良好です。
購入を検討の方は、「インプレッション」を参考ください(業者)


プジョー 308 GT Line 2016年式
所有開始時期 2016年
DSC_3384_1
初輸入車。通勤やお買い物が楽に。休日にのんびり温泉にも行けます(笑)
乗っている人が非常に少ないです(^^;)  でも良いクルマです。

走りは良いし、デザインも悪くない。輸入車にしてはそんなに高くはない。
でも売れない!なぜ?
いいんです。良さが分かる人だけが乗れればそれでヨシ。
そんな謎多き、フランス車が気になる方は「インプレッション」をどうぞ。


それではまた。

愛車紹介:ホンダ・CB400SB(NC39)

ども。

今回はバイクの紹介を更新しようかと思います。主にカスタムに関することになりますが、変更がある度に、ちょこちょこ改訂していこうかと思います。

ホンダ・CB400SB(NC39)  2007年式
DSC_1697

NC39 SPEC
マフラー:アールズギア・ワイバン
キャブレター:ノーマル改
Fタイヤ:ダンロップ・スポーツマックス α-13 (120/60-17)
Rタイヤ:ダンロップ・スポーツマックス α-13 (160/60-17)
ブレーキホース:グッドリッジ
Rショック:オーリンズ
ハンドルバー:CB1300純正
その他:ETC(日本無線製)

解説
見てくれは、いたってフツーのツーリングバイク。チラチラと高価な部品がついてはありますが、あまり派手な感じがしないところが良いです。とはいえ、CB400シリーズ自体の完成度がとても高く、乗りやすく、エンジンもよく回るので、峠ではかなりの戦闘力を持ってます。400cc&ツーリングバイクだからと言って、あなどってはいけません。

カスタムはコーナリング性能を重視しています。

まず、リアショックを減衰&車高調整可能なオーリンズとし、合わせて、フロントフォークの突き出し量も調整。

タイヤはハイグリップタイヤであるダンロップ・α-13を選択。極端に乗り味が変わらないように、タイヤサイズはノーマルと同サイズとしました。

ハンドルバーをCB1300の純正ハンドルを流用し、ノーマルよりも幅広いハンドルとしました。結果、コーナリングでの切り返しに強い、安定したコーナリング性能を持つバイクに仕上がってます。

ブレーキ系統ですが、ブレーキホースをメッシュホースにし、かっちりとしたタッチの良いフィーリングになってます。

マフラーはアールズギア・ワイバンに変更。約5kgの軽量化となり、コーナリング性能がアップ。ついでに臨場感もアップ。キャブレター調整により、トルク低下を改善し、高回転で力が出るようになっています。

便利なETC(日本無線製)を装備しているので、ロングツーリングもばっちり。


大変乗りやすく、峠が面白いバイクに仕上がってます。ながーく乗っていきたいと思います。

それではまた。続きを読む
管理人プロフィール
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
  • ライブドアブログ