TASUKUエンジニアリング

管理人tasukuによるモンスター797、プジョー 308、CB400SB(NC39)、マツダ・ロードスター(NB6C)等に関する趣味のブログです。

愛車紹介(過去)

過去の愛車

ども。

今日は過去の愛車について、紹介をしていこうと思います。変更がある度に、ちょこちょこ改訂していこうかと思います。

【50cc編】
ヤマハ・TZR50R 1995年式
所有期間 2005年〜2006年
TZR50R
初バイクで、大学生の時に購入。当時はまだ2ストロークエンジンのバイクが購入できた良き時代。50ccなのに最高速度90kmオーバーという恐るべき原付でした。当時は昼も夜も雨の日も走り回り、大学の単位を落としかけたり、夜間走行時に職務質問されたりと、何かと話題に欠かせないバイクでした。所有歴は約1年。後にFZ400に乗り換えをすることになります。

【125cc編】
ホンダ・ディオ110 2014年式
所有期間 2014年〜2018年
DSC_1255
2014年2月、故障にしたロードスターを手放した後、通勤や買い物で活躍したゲタバイクです。3年間クルマを所有しておらず、生活のメインバイクでした。プジョー 308購入後、全く乗らなくなってしまった為、売却。とてもお財布にエコなバイクでした。

【250cc編】
カワサキ・スーパーシェルパ 2002年式
所有期間 2008年
Super Sherpa
社会人1年目に購入。当時はオフロードに興味があった為、通勤もかねてこのバイクを購入しました。(セローと悩んだ) 250ccでしたが26PSのDOHCエンジンで、伸びのあるパワフルな加速が楽しめる傑作バイクでした。とはいえ、雨の日に突然エンジンがストールしたり、始動性が最悪だったりとイマイチなところがあったのも事実。ロードスター購入後、全く乗らなくなってしまった為、売却。所有期間は約1年。ロードスター購入までの'つなぎ'のような感じになってしまったのは残念です。

ホンダ・XR230モタード 2008年式
所有期間 2016年〜2017年
DSC_2393
このバイクは実家(静岡)用として購入。将来的にオフロードも走れるよう、あえてこの車種を選択。性能が控えめな分、乗りやすかったバイクです。とはいえ、あまり乗らなかった上に、乗り味が好みで無かった為、所有期間は約1年。非常に短い運命でした(^^;)

【400cc編】
ヤマハ・FZ400 1997年式
所有期間 2006年〜2008年
FZ400
大学生の時、TZR50Rの次に購入したバイクです。マイナー車でしたが、とても速く、ハーフカウルがついていたので、ツーリングに使える傑作バイクでした。近場のツーリングの他、実家に帰ったり(片道500km)と、思い出深いバイクでした。大学卒業後、実家に持ち帰りましたが、調子が悪くなり、手放すことに。修理できるバイク屋が近くにあればよかったのにと悔やまれます。

ホンダ・CB400SB(NC39) 2007年式
所有期間 2010年〜2019年
IMG_20190405_112050
手に余る性能を持つVTR1000Fを車検切れのタイミングで売却後、購入したのがこのCB400SB(NC39)です。「ワインディングをガンガン楽しめ、ツーリングにも使えて、楽なバイクがほしい」こんな無茶な願いを叶えてくれたバイクです。欠点らしい欠点はまるでなく、カスタムパーツも豊富。乗りやすくて速い、格好良い。万能かつ最高のバイクです。所有期間は約9年。一番長く所有したバイクでした。

【大型編】
ホンダ・VTR1000F(国内仕様) 1997年式
所有期間 2009年〜2010年
VTR1000F
社会人2年目に大型二輪免許取得後に購入したバイクです。強大なパワー、戦闘的なフォルムなど魅力的なバイクでしたが、航続距離が非常に短く(たったの200km)、ポジションがきつい(肩が痛くなる)など、ツーリング性能がいまひとつでした。また、1000ccのパワーは容易に扱えるものではないということがよく分かったバイクでもあります(^^;)  購入して2年後、車検切れのタイミングで売却。身の丈にあったバイク、CB400SBに乗り換えることになります。

【クルマ編】
マツダ・ロードスター(NB6C) 1998年式
所有期間 2008年〜2014年
nb6c3nb6c4
社会人1年目に購入したクルマです。通勤メインで使用してました。当時は夜勤のある仕事をしており、夜勤上がりの時はオープンで帰宅したりしてました。春、秋のオープンも良いですが、夏の夜のオープンも良かったですね。転職後、故障の為、手放すことに。手放した後の3年間、ディオ110が生活のメインバイクとなる堕ちた人生を歩むことになります(笑)

こう見ると、いろいろ所有していたんだなぁと思い出されます。それではまた。

愛車紹介:ホンダ・CB400SB(NC39)

ども。

今回はメインバイクであるCB400SB(NC39)の紹介をしようかと思います。主にカスタムに関することになりますが、変更がある度に、ちょこちょこ改訂していこうかと思います。

追記:このバイクは、2019年6月に売却となりました。(モンスター797へ乗り換えのため)

ホンダ・CB400SB(NC39)  2007年式
IMG_20190405_112050

NC39 SPEC
マフラー:アールズギア・ワイバン
キャブレター:ノーマル改
タイヤ:ダンロップ・スポーツマックス α-14
リアショック:オーリンズ
ブレーキ:グッドリッジ (メッシュホース)
ハンドルバー:CB1300
サイドカバー:CB400SB (NC42)
その他:ETC(日本無線製)

解説
見てくれは、いたってフツーのツーリングバイク。チラチラと高価な部品がついてはありますが、あまり派手な感じがしないところが良いです。とはいえ、CB400シリーズ自体の完成度がとても高く、乗りやすく、エンジンもよく回るので、かなりの戦闘力を持ってます。400cc&ツーリングバイクとはいえ、あなどれないです。

カスタムはコーナリング性能を重視しています。

まず、リアショックを減衰&車高調整可能なオーリンズとし、合わせて、フロントフォークの突き出し量も調整。

タイヤはハイグリップタイヤであるダンロップ・α-14を選択。極端に乗り味が変わらないように、タイヤサイズはノーマルと同サイズとしました。
(注:現在はピレリ・ディアブロ ロッソ3を選択。いろいろ履いてみて、違いを楽しんでます)

ハンドルバーをCB1300の純正ハンドルを流用し、ノーマルよりも幅広いハンドルとしました。結果、コーナリングでの切り返しに強い、安定したコーナリング性能を持つバイクに仕上がってます。

ブレーキ系統ですが、ブレーキホースをメッシュホースにし、かっちりとしたタッチの良いフィーリングになってます。

マフラーはアールズギア・ワイバンに変更。約5kgの軽量化となり、コーナリング性能がアップ。ついでに臨場感もアップ。キャブレター調整により、トルク低下を改善し、高回転で力が出るようになっています。

サイドカバー(外装)をNC42のトリコロールカラーに変更。NC39の黒一色で地味なサイドカバーより、格好良くなっています。

便利なETC(日本無線製)を装備しているので、ロングツーリングもばっちり。


大変乗りやすく、峠が面白いバイクに仕上がってます。ながーく乗っていきたいと思います。

それではまた。続きを読む

愛車紹介:マツダ・ロードスター(NB6C)

ども。

かなり今さらですが、今日は、ワタシの愛車であるマツダ・ロードスター(NB6C)の紹介をしていきたいと思います。主にカスタムに関することになりますが、変更がある度に、ちょこちょこ改訂していこうかと思います。

追記:このクルマは、諸事情により、2014年2月に売却となりました。

マツダ・ロードスター(NB6C) 1998年式
nb6c3nb6c4

DSC_0878

NB6C SPEC
マフラー:オートエグゼ・ステンレスマフラー
ラジエター:マルハ・強化ラジエター
プラグコード:ウルトラ・シリコーンプラグコード
スプリング:ノーマル
ショック:KYB NEW SR SPECIAL
ホイール:タナベ・SSR TYPE-F (15×6.5J +32)
タイヤ:ヨコハマ・DNA S-DRIVE (195/50-15)
レカロ・セミバケットシート(SR-6)
ナルディ・ステアリング
Beatrush・シフトノブ
アルパイン・ヘッドユニット(CDE-W203ji)
BOSE・スピーカー、アンプ(BOSEサウンドシステムからの流用)

解説
見てくれは、いたってノーマル。ノーマルだけど、ストリートで乗りやすく、かつ走りを楽しめるように。足回りの強化と、走りの楽しさに重点をおいてます。でも、カスタムの敷居は低く、価格は安く、日常の使い勝手も重視、そんな感じです(^^)

まずはマフラー。オートエグゼ製で、オープンで走行しているときは、うるさくない程度にエキゾーストノートが心地良いです。

次に足回り。へたっているノーマルショックをKYB製に交換。減衰調整ができない分、敷居は高くなく、値段も安いです。それでいて、性能はGOOD。スプリングはノーマルのままとし、日常の使い勝手を優先しました。

ホイールはタナベ(旧スピードスター)製のSSRに変更、1インチアップの15インチにしました。軽量ホイールとしては安い部類。地味なトコが欠点か(^^;) タイヤはヨコハマのSドライブを選択。

シートはレカロ・SR-6(中古)に交換。ロードスター乗りは、フルバケを選択する人が多いですが、ワタシはあえてセミバケを選択。リクライニングするし、乗り降りもそれなりに楽、ホールド性もバッチリ。中古なので値段もバッチリ(^^)

内装もちょい改造。ナルディのステアリング、Beatrushのシフトノブを装着。ちょいラグジュアリーな感じです。

何気にオーディオにも力を入れています。純正でBOSEサウンドシステムが入っていましたが、ヘッドユニットが寿命だったため、アルパイン製のヘッドユニットに交換しました。外部アンプとスピーカーはBOSEサウンドシステムを流用しているので、低コストでオーディオの更新ができました。

消耗しているラジエター、プラグコード、幌は、社外品を使用。純正品より安価で、性能もGOOD。

とても簡素なカスタム内容です。でも、なかなか走りの楽しいクルマに仕上がってます。これからも、ノーマルのバランスの良さを保ちつつ、乗りやすく、楽しいクルマにしていきたいです。

それではまた。続きを読む
管理人プロフィール

tasuku

1986年生まれ。静岡県出身の愛知県在中。
職業はノーマル会社員。いまだにTSUTAYA会員。
主にオートバイ&クルマについてのブログを書いてます。密かに海外ツーリングを検討中。

リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
  • ライブドアブログ