TASUKUエンジニアリング

管理人tasukuによるCB400SB(NC39)、プジョー 308 GT Line、マツダ・ロードスター(NB6C)等に関する趣味のブログです。

愛車紹介(過去)

バイク遍歴

ども。管理人のtasukuです。

今日は、過去所有していたバイクについて、紹介したいと思います。


YAMAHA TZR50R 1995年式
所有期間 2005年〜2006年
TZR50R-1
初バイクはこのTZR50R。当時は大学生で、約1年間ほど所有。原付なのにレーサーレプリカのようなカラーリングとデザインでとても派手。しかも、リミッターカットで時速90kmオーバーという恐るべき原付である。納車したての頃は、昼も夜も雨の日もTZR50Rで走りまわり、単位を落としかけたことや、夜間に走行して職務質問されたこともあり、何かと話題に欠かせないバイクであった。2サイクルエンジンゆえに白煙がものすごく、ワタシが走り去っていく光景が、仲間から「ホワイトアウト」と呼ばれていたのが今となっては懐かしい(笑)


YAMAHA FZ400 1997年式
所有期間 2006年〜2008年
BlogPaint
TZR50Rを購入して1年後、もっと大きい排気量のバイクが欲しくなる。そんなわけで、普通二輪免許を取得し、FZ400を購入。本格的にツーリングに行くようになる。
マイナー車だが、とても速く、ハーフカウルがついていたのでツーリングに使える傑作バイクであった。
バイクの重心が高いせいか、はたまたワタシが未熟なせいか、立ちゴケが多く、クランクケースが傷だらけ。とはいえ、思い出の深いバイクであるため、機会があればまた所有したいバイクである。


KAWASAKI SUPER SHERPA 2002年式
所有期間 2008年
スーパーシェルパ2
いつのまにか大学を卒業し、社会人に。FZ400と通勤を共にしていたが、突然調子が悪くなり、手放すことに。
当時はオフロードに興味があったため、通勤用もかねてこのバイクを選択。(セローと悩んだ)
エンジンパワーがそこそこある傑作バイクだが、雨の日に突然エンジンがストールしたり、始動性が最悪だったりとイマイチなトコがあったことも事実。結局、所有期間は1年のみ。クルマ(ロードスター)を購入するまでの'つなぎ'のような感じになってしまったのは残念ではある。


HONDA VTR1000F 1997年式(国内仕様)
所有期間 2009年〜2010年
IMGP0871
しばらくの間、バイクに乗らず、クルマ(ロードスター)に乗っている日々が続いていた。しかし、バイクに乗らない日々が続くとまた乗りたくなってしまう・・・。またバイクに乗るなら、今度は大型バイクだと思い、大型二輪免許を取得。
何を買おうかと思っていたところ、国道1号線で見かけたVTR1000Fの2本出しマフラーにあこがれるようになり、購入を決意。まあ正直なところ、中古が安かったという理由が本音である(^^;)
久々のロードスポーツバイク、強大なパワー、戦闘的なフォルムなど魅力にあふれたバイクであったが、航続距離が非常に短く(たったの200km)、ポジションがきつい(肩が痛くなる)など、ツーリング性能がいま一つであった。また、1000ccのパワーは容易に扱えるものではないことがよく分かったバイクでもある。車検切れのタイミングで売却し、身の丈にあったバイク、CB400SB(NC39)へ乗り換えをすることに。


HONDA  XR230モタード  2008年式
所有期間 2016年〜2017年
DSC_2393
このバイクは、実家(静岡)用で購入。将来的にオフロードも走れるよう、あえてこの車種を選択。(ホントに行くかどうかは別だが)  性能が控えめな分、乗りやすかったバイクではあるが、購入して1年後に売却。非常に短い運命でした(^^;)


こう見ると、いろいろ乗っていたんだなぁと思い返します。こんなに乗り換えてたらお金がいくらあっても足りませんね(苦笑)

それではまた。

愛車紹介:マツダ・ロードスター(NB6C)

ども。

かなり今さらですが、今日は、ワタシの愛車であるマツダ・ロードスター(NB6C)の紹介をしていきたいと思います。主にカスタムに関することになりますが、変更がある度に、ちょこちょこ改訂していこうかと思います。


追記:このクルマは、諸事情により、2014年2月に売却してしまいました。


マツダ・ロードスター(NB6C) 1998年式
nb6c3nb6c4

DSC_0878

NB6C SPEC
マフラー:オートエグゼ・ステンレスマフラー
ラジエター:マルハ・強化ラジエター
プラグコード:ウルトラ・シリコーンプラグコード
スプリング:ノーマル
ショック:KYB NEW SR SPECIAL
ホイール:タナベ・SSR TYPE-F (15×6.5J +32)
タイヤ:ヨコハマ・DNA S-DRIVE (195/50-15)
レカロ・セミバケットシート(SR-6)
ナルディ・ステアリング
Beatrush・シフトノブ
アルパイン・ヘッドユニット(CDE-W203ji)
BOSE・スピーカー、アンプ(BOSEサウンドシステムからの流用)

解説
見てくれは、いたってノーマル。ノーマルだけど、ストリートで乗りやすく、かつ走りを楽しめるように。足回りの強化と、走りの楽しさに重点をおいてます。でも、カスタムの敷居は低く、価格は安く、日常の使い勝手も重視、そんな感じです(^^)

まずはマフラー。オートエグゼ製で、オープンで走行しているときは、うるさくない程度にエキゾーストノートが心地良いです。

次に足回り。へたっているノーマルショックをKYB製に交換。減衰調整ができない分、敷居は高くなく、値段も安いです。それでいて、性能はGOOD。スプリングはノーマルのままとし、日常の使い勝手を優先しました。

ホイールはタナベ(旧スピードスター)製のSSRに変更、1インチアップの15インチにしました。軽量ホイールとしては安い部類。地味なトコが欠点か(^^;) タイヤはヨコハマのSドライブを選択。

シートはレカロ・SR-6(中古)に交換。ロードスター乗りは、フルバケを選択する人が多いですが、ワタシはあえてセミバケを選択。リクライニングするし、乗り降りもそれなりに楽、ホールド性もバッチリ。中古なので値段もバッチリ(^^)

内装もちょい改造。ナルディのステアリング、Beatrushのシフトノブを装着。ちょいラグジュアリーな感じです。

何気にオーディオにも力を入れています。純正でBOSEサウンドシステムが入っていましたが、ヘッドユニットが寿命だったため、アルパイン製のヘッドユニットに交換しました。外部アンプとスピーカーはBOSEサウンドシステムを流用しているので、低コストでオーディオの更新ができました。

消耗しているラジエター、プラグコード、幌は、社外品を使用。純正品より安価で、性能もGOOD。

とても簡素なカスタム内容です。でも、なかなか走りの楽しいクルマに仕上がってます。これからも、ノーマルのバランスの良さを保ちつつ、乗りやすく、楽しいクルマにしていきたいです。

それではまた。続きを読む
管理人プロフィール
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
  • ライブドアブログ