TASUKUエンジニアリング

管理人tasukuによるCB400SB(NC39)、グロム(JC75)、プジョー 308 GT Line、マツダ・ロードスター(NB6C)等に関する趣味のブログです。

プジョー 308 GT Line

プジョー 308 バッテリー交換

とっても遅いですが、あけましておめでとうございます(^^;)

今日は、プジョー 308のバッテリー交換を行いました。
通勤、買い物等に使用している308ですが、あまりに走行距離が少なく、バッテリーが弱り気味でアイドリングストップが動作しない状態。補充電でごまかしてきましたが、突然死する前の予防保全ということで、バッテリー交換を行いました。

早速ディーラーで交換見積もりをしたところ、工賃合わせて6万円以上!
対して、ネットで購入できるバッテリー価格は2万円くらい。
安く済ませるため、今回は自分で交換することにしました。

最初にバッテリーの選定です。
既存バッテリーは、「VARTA(バルタ)製 570-901-076(12V 70Ah) 寸法(278mm×175mm×190mm)」というスペック。
対して今回購入したのは「BOSH(ボッシュ)製 BLE-70-L3」というもの。
基本的に電圧(12V)と容量(70Ah)が一緒ならば寸法も一緒のはず。アイドリングストップ対応バッテリーかどうか要確認しましょう。
DSC_5693
BOSH(ボッシュ)製 BLE-70-L3

モノが用意出来たら、早速取り外しにかかります。
.丱奪謄蝓湿緝凜院璽抗阿
最初にバッテリー上部にあるケースを外します。写真の通り、丸い金具を外しますが、使用する工具はトルクスレンチ(サイズT30)という特殊な工具。いきなりフランス車らしい、特別な感覚を味わえます。
DSC_5681
黒いカバーは手前にスライドさせて外す。

▲丱奪謄蝓爾痢歟嫉劼函榁嫉匈阿
最初に−端子を外します。写真の通り、奥にあるナットを緩めて、金具と端子を離します(浮かします)。浮かした後は、ゴム板で仕切りを置くと安心です。
DSC_5682DSC_5686
奥に見えるナットを緩める。なんでこんなに外しにくいのやら。

次に+端子を外します。フックを上げて、金具と端子を離します。こいつも念のためゴム板で養生しておきましょう。なお、やりやすいからと言って、+端子から外すのはやめましょう。
DSC_5687DSC_5688

ターミナルボックス外し
次にバッテリー手前にあるターミナルボックスを外します。まずは写真のネジ(銀色)2つを外します。右のネジは外しやすいですが、左のネジは緩めていくと上部が当たってしまいます。ですが、微妙に逃げれる構造になっているため、強引に緩めて外します。ネジを外した後は、ターミナルボックスを左にスライドさせて外します。
DSC_5683
フランス人の設計は理解し難い。

ぅ丱奪謄蝓鴫,気┳阿
ターミナルボックスとバッテリーの隙間にあるバッテリー押さえを外します。右のネジは、ネジ部が長いため、緩めるにはディープソケットが必要です。
DSC_5689DSC_5690
とにかく狭い!

ゥ丱奪謄蝓叱魎
ついに難所!バッテリーを外します。バッテリーを手前に持ってきて、縦にします。縦状態で、引っこ抜きます。入れる時も縦状態から入れて、横にします。
隙間が全くなく、ターミナルボックスにガリガリしながら出し入れすることになるので、この作業はバッテリーを持つ係、ターミナルボックスを引っ張っておく係の2名で行うことを推奨します。
DSC_5691
とてもスマートな作業には見えないが、これしか方法がない。

ι旧
あとは、外すときと逆の手順で、復旧します。バッテリー端子は+端子をつなげてから−端子をつなぎます。手順を間違えないようにしましょう。
DSC_5699
なんとか完了。

Ы藉設定
普及したら、とりあえず、ブレーキペダルを踏まずにスタートボタン。約1分間、自動的にコンピュータが初期設定をおこなってくれるそうです。この間に、日時と時計を再設定しておきましょう。
余談ですが、プジョーの日時表示は、「日/月/西暦」なので間違えないようにしましょう。
ワタシは再設定時、2019年2月3日なので、「03/02/2019」と入れるはずが、間違えて「02/03/2019」と入力。カレンダー表示が3月になってました(^^;)
あと、プジョー 308は、バッテリー交換後の数時間は、アイドリングストップが動作しない仕様。「不良品をつかまされた!」と勘違いしないようにしましょう。←プジョー308の取説に書いてある。
DSC_5700
日本の常識は捨てましょう。

日本車に比べると、手間がかかりとっても大変でした。樹脂パーツがとても多く、傷つき、折れやすいので、作業時はじゅうぶん注意しましょう。

それではまた。

プジョーの魅力

ども。

今年のお盆は天気に恵まれずイマイチでしたね。
カンカン照りの灼熱太陽も嫌ですが、雨が1週間以上続くのも嫌です。わがままですな。

さて気を取り直して今回は、個性の強いフランス車のひとつであるプジョーの魅力について、自分なりに考えていきたいと思います。

とりあえず、自分なりのプジョーのイメージはこんな感じです↓

〕入車にしては安い
まずはこれに尽きる。安い。輸入車の新車は平気で400万は超える。高い。でもプジョーは安い。安いけど、安っぽい感じがしないのはさすが。クルマに興味が無い人からは、高級車に間違われるおいしいクルマである。

¬に速い
乗ってみると分かるが速い。速いといっても、パワーがすごいとか、最高速がすごいとか、ハイテク装置が満載というわけではない。むしろ、カタログスペックは低めで、ハイテク装置は皆無である。でも不思議と速い。足回りを含めた全体のクルマの作りのバランスが良いのかもしれない。

D控離移動はとても楽
高速道路は得意中の得意。シートが上質で乗り心地が良く、不快な走行音も無い。どっしりと安定感のある走りで、スムーズにレーンチェンジができる。静かなのに運転が楽しいというお利口さんなクルマである。

さな屋なところがある
プジョーのロゴはライオン。ネコ科の動物である。そんなプジョー車も、ネコのように気分屋なところがある。走行中に足回りから異音が出たり、洗車後に電動ミラーとパワーウインドウが動作不良になったり、エンジン始動時にエラーが出たりといろいろである。でもあわてず、しばらくすると直っている。生き物のようなクルマである。

ゼ命燭伴楕が異なる(笑)
本当。ホームページ上のプジョー車は、はっきり言って「ぱっとせんクルマ」である。しかし実際にディーラーで見たプジョー車は大きく異なる。地味だが個性的で、綺麗な曲線美。他のドイツ車等にあるようなドヤ感は無く、さりげない格好良さを感じる。

以上がワタシなりのプジョー車のイメージです。早速気になった人はプジョーディーラーへGO! でも購入の際は要試乗で。日本車とは全く異なるので。

それではまた。

DSC_37701

プジョー 308 GT Line インプレッション その2

まいどどうも。

お待たせをしております。

プジョー 308 GT Line インプレッション その2をしていきたいと思います。
主にインテリアについて、インプレッションをしていきます。

DSC_3303DSC_3455
高級感は無いが、演出がオシャレな運転席
どことなくオシャレな運転席。革巻の小径スポーツステアリング、アルカンタラ・スポーツシート(後述)、異形メーター、アルミペダル、DENONサウンドシステム(後述)が奢られ、非常に魅力的かつ個性的な作りです。特に夜は、各ライト類の演出がとってもオシャレ。プジョーのセンスの良さを感じます。

DSC_3446
希少なレッドステッチ・テップレザー/アルカンタラ・スポーツシート
ワタシのGT Lineは初期生産車の為、レッドステッチ・テップレザー/アルカンタラ・スポーツシートとなっています。(現行車はレッドステッチ・テップレザー/ファブリック・スポーツシート) このシートはなんとマッサージ機能を装備。使ってみましたが、効果は微妙(^^;)  フランス人の感覚がいまひとつ謎ですが、これはこれで面白い機能です。

DSC_3310
DENON製サウンドシステム
GT LineにはDENON(デノン)製の9スピーカーサウンドシステムを搭載。(写真はトランク下に内蔵のサブウーファー) たいてい、この手の高級オーディオの定番と言えば、BOSEが有名ですが、プジョーはなぜかDENONを選択。またまた、フランス人の感覚は只者ではない(笑)  っと思ってしまいます。
さて、音の方ですが、非常に良い音を鳴らしてくれます。ちょっとだけ価格の高いGT Lineで、プレミアムオーディオがついてくるので、コストパフォーマンスは相当に高いと思います。

DSC_3390
ドリンクホルダーが少ない理由
308にはドリンクホルダーが写真の部分(シフトレバーの後ろ)に1か所しかありません。しかも、一部ペットボトル(角型等)は入らない仕様。「不便なクルマだな」っと思うかもしれませんが、これには理由が。
フランスでは運転中の飲食は交通違反になってしまうようです。そのため、ドリンクホルダーがほとんどない仕様に。茶飲むなら、喫茶店へ行け! っということですね(笑)

DSC_3543
収納について
写真は助手席側にあるグローブボックス。半分以上がヒューズボックスで占領され、小物しか入りません(^^;)  そのため車検証は、助手席の後ろにあるポケットに入れてます。全体的に収納スペースはイマイチ。走りとデザイン重視のクルマです。

DSC_3508DSC_3509
クセの強い操作パネル
308はセンターにある操作パネルで、エアコン、ラジオ、オーディオ、各機器の操作等を集約しています。操作パネルを使わないで操作できるのは、ハザードランプ、ドアロック及び解除、換気の切替、霜取りだけ。非常にすっきりしており、見た目が良い反面、操作パネルが壊れたら何もできないという欠点もあります(^^;)

表示言語が多数選択できますが、なんと日本語は無し(^^;) とりあえず、英語表示にしてます。と言っても、あまりいじるところはないので、問題はありませんね。かえって格好良いです(笑)

エアコンはオートエアコン。上の写真は「23」と表示されており、「23℃設定なんだな」っと思いますが、実は間違い。快適度23という意味らしいです。あくまで目安で上げ下げをしていく仕様です。

安全装備もいっぱいついてます。便利なのはブラインドスポットモニターシステム、フロント及びバックソナー、バックカメラの3つ。
ブラインドスポットモニターシステムは、走行中、死角にクルマがいる場合、ミラーにオレンジ色のサインが点灯し、ドライバーに警告をしてくれます。フロント及びバックソナーは、障害物に接近すると音で警告してくれます。バックカメラはその名の通り、バック時に後ろの状態を見れる機能ですが、R(リバース)に入れた後、画面切替えがやや遅いのがいまひとつ。とはいえ、これらの装備があるおかげで、車幅が広めな308が、運転しやすいクルマに仕上がってます。

なお、オーディオの機能については、また別記事で報告致します(まだ使いこなせてません・・・)

その他の装備として、オートクルーズ、空気圧警告灯、燃費計(非常に正確!)、電卓(いつ使う?)、カレンダー(謎) 等、いろんな機能が満載。微妙な機能も多いですが、いろいろ試せて面白いです。

308は非常に個性の強いクルマです。フランスという異国の文化を味わえる希少なクルマだと思います。万人にはおススメはできませんが、「良さが分かる人だけが乗れば良い」そんなクルマがプジョーだと思います。

それではまた。

プジョー 308 GT Line インプレッション その1

まいどどうも。

プジョー 308購入から早8ヵ月。4500kmほど走行しました。
街乗り・峠・高速等、いろいろ走ってきたので、そろそろインプレッションをしてみようかと思います。

インプレッションは、2つに分けて記事にしていきます。
今回は主に、走行に関してのインプレッションです。

DSC_34231DSC_33841
基本情報
車名:プジョー 308
型式:−
グレード:GT Line
年式:2016年
エンジン型式:−(PSA ピュアテック)
エンジン種類:水冷直列3気筒DOHCターボチャージャー付
エンジン総排気量:1199cc
実燃費:8〜15km / リッター

どんなモデル?
プジョー 308は2007年に登場。308の初代(T7型)は2007年〜2012年、2代目(T9型)は2013年〜現行となっています。ちなみに308は307の後継車という位置付けですが、308以降は、フルモデルチェンジをしても、数字は増えない決まりになったようです。(まぎらわしいですね ^^;)
なお、308のグレードは、かなり豊富。ワタシが購入したのは、ハッチバック車で「GT Line」というグレード。ガソリン車の基本グレード、「アリュール」をスポーティーにしたグレードです。

とりあえず外観
初代308は、ヘッドライトがつり目で個性的な外観でしたが、2代目(現行)はやや落ち着いた感じに。もろVW・ゴルフを意識してますね。
ワタシの気に入っている個所は、この独特なヘッドライト。ライト上部に小さいLEDが何個もちりばめられています。メーカーいわく、「まるで宝石が埋め込まれているようなヘッドライトユニット」っと言われているようになかなか凝った作りです。デイライトのため、エンジンがかかっている間は、日中、夜関係なく点灯しており、なかなか目立ちますね。308を周囲に猛アピールしているので、なかなかお気に入りではあります。

エンジン、ミッション、足回りなど
現行の308(ガソリン車)に搭載されるエンジンは、1199ccの水冷直列3気筒DOHC(ターボチャージャー付) ミッションは、アイシンAW製のEAT6(6速AT)
DSC_3418DSC_3506
ライバル車のVW・ゴルフ(と思われる)が、4気筒エンジンに7速AT(DCT)に対し、308は3気筒エンジンに6速AT(トルコン)。いまひとつ308が地味に感じてしまいます。
ですが、走ってみると、全く問題無い。アイシンAW製の出来の良いミッションで、なめらかに発進、変速もスムーズ。いざとなればパドルスイッチで任意にシフト操作ができ、レスポンスもまあまあ。
エンジンもじゅうぶんな力があり、癖がなく、扱いやすいです。3気筒ぽいガラガラサウンドがちょっぴり聞こえますが、特に不快ではありません。

足回りは、プジョーが最も得意とする分野。俗にいう「猫足」ですが、柔らかい乗り心地と安定性を高次元で両立しており、峠や高速道路を走った時に間違いなく実感できます。デカい図体の308ですが、鼻先が軽く、軽やかな走りを楽しめます。高速道路ではどっしりと安定した走りで、いざとなればエンジンをガンガン回して、パワフルに走れます。「3気筒なめんな!」といった感じです(笑)

GT Lineのタイヤサイズは、225/40-18。ホイールデカいです。タイヤ薄いです。このえげつない感じが良いです。タイヤ銘柄は、ミシュラン・パイロットスポーツ3。

なお、燃費については「普通」です。燃費を気にするならば、ディーゼル車がおススメかもしれませんが、ディーゼル車は高価なので、この辺の選択は微妙なところです。なお、ワタシは燃費目的で買ったわけではないので、特に問題無し。


「スポーツモード(ダイナミックモード)」について

DSC_3442
普段はこちらのように、「ノーマルモード」になってます。
「ノーマルモード」は、街乗りに適しており、アクセルを急激に踏み込んでも急加速しないように、ややだるめなアクセルレスポンスです。電動パワステは非常に軽く、軽い力ですいすい走行できます。
なお、スピードメーターの表示をよく見てみると、奇数ごとに表示されています。。これには理由があり、フランスでは奇数ごとに速度規制をしているからです。(30km、50km、130km等) 日本は奇数、偶数関係無しですね。

DSC_3441
対して、「スポーツモード(ダイナミックモード)」は、本気モード。メーターが真っ赤になり、アクセルレスポンスが機敏になります。深く踏み込むと、なかなかシフトアップしません(笑) ハンドルが重くなり、スピードを出しても安定感のある走りです。スピーカーからスポーティーなエンジン音が流れ、気分はちょっぴりスポーツカー。

余談ですが、エンジン回転計が逆回りになっています。これには以下のような理由で・・・、
308はハンドルの上部からメーターパネルを見る構造になっています。この構造だと、エンジン回転計が8時の位置から始まる場合、ハンドル上部に隠れてしまいます。これを回避する為に、16時の位置から針が始まるようになっているそうです。(ディーラーの営業マン談)

この辺はプジョー独特のセンスを感じます。面白いです。輸入車の魅力ですね。

それではまた。次回はエクステリアを中心にインプレッションをしていく予定です。

プジョー 308 GT Line 納車!

大変遅いですが、あけましておめでとうございます。

突然ですが、クルマ買いました(^^;)

買ったのは、プジョー 308 GT Line。

人生初の輸入車です。

これで通勤もお買い物も楽に。休日にのんびり温泉にも行けます(笑)

ちょっとしたら、インプレッションをしてみようかと思います。お楽しみに!

DSC_33841
管理人プロフィール

tasuku

1986年生まれ。静岡県出身の愛知県在中。
職業はノーマル会社員。いまだにTSUTAYA会員。
主にオートバイ&クルマについてのブログを書いてます。密かに海外ツーリングを検討中。

リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
  • ライブドアブログ